eSignLiveがAFITC 2007で空軍の電子署名ソリューションを実演

2007年8月1日

米空軍にGCSSエンタープライズアーキテクチャおよび空軍採用サービス(AFRS)向けの電子署名ソリューションを提供するための大規模な契約獲得に続き、シラニスは今年の空軍情報技術会議への参加を楽しみにしています。

モントリオール、QC、2007年8月2日 — DoDへの電子署名ソリューションの主要プロバイダーであるSilanis Technologyは、今年の空軍情報技術のブース#263で、増加する空軍の部門とアプリケーションで使用されているデスクトップおよびサーバーベースの電子署名ソリューションを発表します。アラバマ州モンゴメリーで開催される会議(8月13〜16日)。

AFITC 2007は、空軍のITユーザー、開発者、管理者が最新のテクノロジーを最新の状態に保つように設計されており、対象を絞ったトレーニングセミナーを提供し、産業界、学界、政府による製品デモを展示します。

空軍は最近、SilanisのApproveIt®XHTML Server電子署名ソリューションを選択し、グローバルな戦闘サポートシステム(GCSS)を通じてWebベースのフォーム承認を可能にしました。これは、戦闘機が世界中の物流情報に瞬時に安全にアクセスできるようにするサービス指向のアーキテクチャです。

Silanisの電子署名ソリューションを使用する最初の2つのアプリケーションは、購入申請プロセスシステム(PRPS)の一部としての買収と、国防企業会計および管理システム(DEAMS)の一部としての資金調達です。  これらのシステムのライブデモを見るには、Silanisブース(#263)にアクセスしてください。

また、出席者は、GCSSのAndrew Nicklas少佐によるプレゼンテーションの一部として、ビジネスセンターでのセミナーセッション中に、8月13日月曜日の2:30にGCSS内で電子署名について詳しく学ぶ機会を得ます。

シラニスのApproveItエンタープライズ電子署名プラットフォームは、GCSSに依存しないソリューションとして、シラニスブースでも紹介されます。

柔軟でスケーラブルなApproveItは、任意の数のアプリケーションやプロセスと簡単に統合できるため、DoD標準になりました。人事評価や購買依頼からサプライヤーとの電子契約まで。

シラニスの担当者があなたの質問に答えます。個人的なデモンストレーションや会議を予約するには、1-888-SILANIS(745-2647)または電子メールで事前にお電話ください。売り上げ@silanis .com 。スペースに限りがあります!

Silanisについて

1992年に設立されたSilanis Technology Inc.は、電子署名ソリューションの最大かつ最も経験豊富なプロバイダーです。200万人のユーザーを代表する1,400を超える政府および商業組織は、運用を加速し、サービスを改善し、コストを削減するためにシラニスのソリューションに依存しています。

同社のソリューションは、紙の非効率性を排除するだけでなく、適用される法律、規格、規制、ポリシーへの準拠を実証するために必要な信頼性と監査可能なビジネス記録を提供します。

AFITC 2007について

2007年空軍情報技術会議(AFITC 2007)は、影響力の大きいトレーニングと技術のデモンストレーションを提供するという伝統を継続することを約束します。このイベントは、ITユーザーコミュニティに、統合情報によるグローバルな影響を促進するための業界およびさまざまな政府機関による現在および計画中の取り組みを通知します。空軍、国防総省(DoD)、および業界の先導者が今年の会議でテクノロジー、実装の最新動向、および戦闘機への統合情報の提供について講演します。