OneSpanがAIベースのリスク分析を開始し、アカウントの乗っ取りと新しいアカウントの詐欺を阻止

2019年2月12日

シカゴ– 2019年2月12日 – OneSpan™(NASDAQ:OSPN)は、信頼できるID、電子署名、安全なトランザクションのためのソフトウェアのグローバルリーダーであり、今日、オープンAPI、クラウドベースのリスク分析ソリューションの立ち上げを発表しました。および新しいアカウント詐欺。

アカウント乗っ取りと新規アカウント詐欺は、詐欺に挑戦する金融機関の上位2種類であり、米国でも同様です。単独では、ID詐欺は2017年に168億ドルの詐欺損失を占めました 1 。リスク分析は、人工知能の一種である機械学習ベースのリスク分析を使用して、オンラインおよびモバイルチャネル全体でこれらおよびその他の詐欺行為から保護します。この分析では、詐欺をリアルタイムで識別し、リスクレベルを予測し、詐欺が検出されたときに即座に対処します。機械学習を使用すると、リスクスコアリングによりプロセスを合理化し、手動レビューに関連する運用コストを削減し、最終的には誤検知を減らしてユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

「デジタルチャネルに対する犯罪者の攻撃がエスカレートし続けているにもかかわらず、金融機関 Aite Groupのリテールバンキングおよびペイメントリサーチディレクター、ジュリーコンロイは、次のように述べています。「高度な機械学習ベースのリスク分析を使用したリアルタイムの不正検出により、金融機関はセキュリティを強化し、不正を減らし、法令遵守を実現できます。」

Risk Analyticsは、金融取引中に、デバイス、ユーザーの行動、取引、デジタルチャネル、ビジネスアプリケーションなどのさまざまなソースからデータを収集して分析します。次に、ソリューションはユーザー、デバイス、およびトランザクションデータをスコアリングし、そのトランザクションに関連するリスクを判断します。リスク分析は、銀行が定義したセキュリティポリシーとルールを組み込んだインテリジェントなワークフローに基づいて、トランザクションを許可、確認、またはブロックするための即時アクションを実行できます。

「お金とデータの流れがどこにあっても、詐欺は確実に続くでしょう」と、Scott ClementsのOneSpan CEOは語った。「今日の脅威は進化し続けているため、詐欺を阻止することはますます困難になっていますが、金融機関が詐欺的なトランザクションが発生する前にその発生を監視、検出、ブロックするセキュリティへの予防的な対策と階層化アプローチを講じることが重要であり、可能な限り最高のエクスペリエンスを保証します。ユーザー。"

OneSpanのリスク分析は現在利用可能です。詳細については、 www.onespan.com/security-products/risk-analytics

OneSpanについて
OneSpanは、金融機関やその他の組織がデジタル変革に大胆な進歩を遂げることで成功を収めることを可能にします。私たちは、人々のアイデンティティ、彼らが使用するデバイス、そして彼らの生活を形作るトランザクションへの信頼を確立することによってこれを行います。これがビジネスの可能性と成長の強化の基礎であると私たちは信じています。世界のトップ100銀行の半分以上を含む10,000を超える顧客が、OneSpanソリューションを利用して、最も重要な関係とビジネスプロセスを保護しています。デジタルオンボーディングから不正防止、ワークフロー管理まで、OneSpanの統一されたオープンプラットフォームはコストを削減し、顧客獲得を加速し、顧客満足度を高めます。OneSpanの詳細については、 OneSpan.com そしてツイッター LinkedIn そしてフェイスブック

Copyright©2019 OneSpan North America Inc.、all rights reserved。OneSpan™は、OneSpan North America Inc.または米国の関連会社の登録商標または未登録商標です。そして他の国。ここに引用されているその他の商標はそれぞれの所有者の財産です。

メディアの連絡先:

サラ・ハネル
グローバルコーポレートコミュニケーション担当ディレクター
OneSpan(ワンスパン)
+ 1-312-871-1729
sarah.hanel @onespan .com

ニコール・ボスグラーフ
北米メディア広報担当マネージャー
OneSpan(ワンスパン)
+ 1-401-219-2131
nicole.bosgraaf @onespan .com

1 https://www.javelinstrategy.com/coverage-area/2018-identity-fraud-fraud-enters-new-era-complexity