OneSpanは2018年の第3四半期と最初の9か月の結果を報告します。通年のガイダンスを繰り返します

2018年10月30日

印刷可能なバージョンをダウンロードする

  • 第3四半期の総収益は3%増の5250万ドル
     
  • 第3四半期の調整済みEBITDAは100万ドル 1
     
  • 第3四半期のGAAP損失は1株あたり0.02ドル
     
  • 第3四半期の非GAAP希薄化後1株あたり利益0.04ドル 1

シカゴ、2018年10月30日(GLOBE NEWSWIRE) -OneSpan Inc.(NASDAQ:OSPN)は、信頼できるID、電子署名、安全なトランザクションのためのソフトウェアのグローバルリーダーです。本日、2018年9月30日までの第3四半期および9か月の財務結果を報告しました。

「第3四半期の収益の伸びは、注文のタイミングが原因で予想より低く、第4四半期の初めに約200万ドルの収益が認識されました」とOneSpanのCEOであるスコットクレメンツは述べています。「この収益のタイミングは、2018年通年のガイダンスには影響しません。当四半期中、モバイルセキュリティソフトウェアの収益は50%増加し、サブスクリプションの収益は38%増加しました。私たちは、金融機関のデジタルカスタマージャーニーを確保するための信頼できるアイデンティティ戦略の実行を大幅に前進させ続けています。私たちは世界中に多数のパイロット、概念実証、初期導入を行っており、次の数四半期にわたる強力な製品リリースロードマップを示しています。」

2018年第3四半期および第9四半期の財務ハイライト

  • 2018年第3四半期の収益は5250万ドルで、2017年第3四半期の5110万ドルから3%増加しました。2018年の最初の9か月の収益は1億4,750万ドルで、2017年の最初の9か月の1億3,880万ドルから6%増加しました。
  • 2018年第3四半期の粗利益率は66%で、2018年の最初の9か月間は71%でした。2017年第3四半期の粗利益率は72%で、2017年の最初の9か月間の粗利益率は71%でした。
  • 2018年第3四半期のGAAP営業損失は310万ドルで、2018年の最初の9か月間は410万ドルでした。2017年第3四半期のGAAP営業利益は510万ドルで、2017年の最初の9か月間は500万ドルでした。
  • 2018年第3四半期の調整済みEBITDAは100万ドル、つまり収益の2%で、2018年の最初の9か月間は1,250万ドル、つまり収益の8%でした。2017年第3四半期の調整済みEBITDAは880万ドル、つまり収益の17%、2017年の最初の9か月間は1650万ドル、つまり収益の12%でした。 1
  • 2018年第3四半期のGAAP純損失は90万ドル、つまり1株あたり0.02ドルでした。2018年の最初の9か月間のGAAP純損失は、10万ドル、つまり1株あたり0.00ドルでした。これは、2017年第3四半期のGAAP純利益280万ドル、つまり1株あたり0.07ドル、2017年の最初の9か月間は340万ドル、つまり1株あたり0.09ドルです。
  • 2018年第3四半期の非GAAP純利益は170万ドル(希薄化後1株あたり0.04ドル)で、2018年の最初の9か月間は1010万ドル(希薄化後1株あたり0.25ドル)でした。2017年第3四半期の非GAAP純利益は550万ドル(希薄株1株あたり0.14ドル)で、2017年の最初の9か月は1130万ドル(希薄株1株あたり0.28ドル)でした。 1
  • 2018年9月30日の現金、現金同等物、および短期投資は、それぞれ2018年6月30日および2017年12月31日のそれぞれ101.4百万ドルおよび1億5,840万ドルと比較して、91.9百万ドルでした。          

1 非GAAP指標の使用に関する説明は、「非GAAP金融指標」の見出しの下に含まれています。GAAPから非GAAP財務指標への調整も以下の表に示されています。

最近のビジネスのハイライト

  • OneSpanの顧客は、行動生体認証や顔認識などの拡張機能を含むMobile Security Suite(MSS)ソリューションを引き続き採用しました。MSSの年初来の収益成長率は約60%です。

  • 同社は、アジアの大手銀行からFIDO準拠のソフトウェア認証ソリューションの最初の発注書を受け取りました。OneSpanは、強力な認証技術間の相互運用性の欠如に対処するために設立されたFIDO Allianceの理事会メンバーです。OneSpanのアジア銀行とのプロジェクトの第1フェーズは、2018年の第4四半期に実施されます。

  • OneSpanは最近、Money20 / 20 USA 2018で、ブロックチェーンテクノロジーを使用して、デジタル口座開設のためのクラウドベースのリスク分析、ID検証、電子署名、およびデジタルモーゲージ決済の進歩を実証しました。

  • 同社は、電子署名に関するG2クラウドグリッドレポートで、10年連続で全体的な顧客満足度のトップスポットを受賞しました。このレポートでは、電子署名ソリューションのトップ10をランク付けしており、OneSpan Sign(以前のeSignLive)は、DocuSignやAdobe Signを含む他のすべてのソリューションよりもスコアが高くなっています。

2018年通期のガイダンス

OneSpanは、2018年通年のガイダンスを次のように再確認しています。

  • 収益は2億100万ドルから2億1100万ドルの範囲になると予想されます。そして

  • 調整後EBITDAは、1500万ドルから1900万ドルの範囲になると予想されます。

電話会議の詳細

この発表に関連して、OneSpan Inc.は本日2018年10月30日午後4時30分に電話会議を開催します。EDT / 21:30 CET。電話会議中に、CEOのScott Clements氏とCFOのMark Hoyt氏が、2018年の第3四半期と最初の9か月間のOneSpanの結果について話し合います。

電話会議にアクセスするには、米国の場合は866-354-0181にダイヤルしてください。またはカナダおよび国際電話の場合は1-409-217-8086。会議ID番号は3062409です。

電話会議は、inventors.onespan.comでリッスン専用モードでも利用できます。会議通話の録音バージョンは、通話後できるだけ早くOneSpan Webサイトで利用可能になり、約1年間再生できます。

OneSpanについて

OneSpanは、金融機関やその他の組織がデジタル変革に大胆な進歩を遂げることで成功を収めることを可能にします。私たちは、人々のアイデンティティ、彼らが使用するデバイス、そして彼らの生活を形作るトランザクションへの信頼を確立することによってこれを行います。これがビジネスの可能性と成長の強化の基礎であると私たちは信じています。世界のトップ100銀行の半分以上を含む10,000を超える顧客が、OneSpanソリューションを利用して、最も重要な関係とビジネスプロセスを保護しています。デジタルオンボーディングから不正防止、ワークフロー管理まで、OneSpanの統一されたオープンプラットフォームはコストを削減し、顧客獲得を加速し、顧客満足度を高めます。OneSpanの詳細については、 OneSpan.com そしてツイッター LinkedIn そしてフェイスブック

将来予測に関する記述

このプレスリリースには、米国証券法の意味における将来の見通しに関する記述が含まれています。これには、将来の製品を含む、当社の製品およびソリューションの潜在的な利益、パフォーマンス、および機能に関する記述が含まれます。当社の事業および当社の事業の将来に関する当社の期待、信念、計画、運用、および戦略。これまでの買収と将来の買収に関する戦略将来の財務実績に関する私たちの期待。将来の見通しに関する記述は、「シーク」、「信じる」、「計画」、「推定する」、「期待する」、「期待する」、「出来事」または「結果として生じる可能性がある」「 「する」、「すべき」、「できる」、または「可能性がある」、および他の同様の表現。将来見通しに関する記述には、2018年の財務見通し、およびキャプション「 2018年通期のガイダンス 」。これらの将来の見通しに関する記述にはリスクと不確実性が含まれ、仮定が完全に具体化されない場合、または不正確であることが判明した場合、結果がそのような将来の見通しに関する記述によって表明または示唆されたものと大きく異なる可能性があります。当社のビジネスおよび財務結果に重大な影響を与える可能性のある要因には、以下が含まれますが、これらに限定されません。当社の製品およびソリューションの市場での受け入れと競合他社の提供。技術変化の潜在的な影響;買収を効果的に特定、購入、統合する当社の能力。地球規模での変革戦略の実行。ハッキング攻撃の頻度と高度化。当社が他者の知的財産権を侵害していると主張する。顧客の要求の変化。価格競争入札;法律、政府の規制またはポリシーの変更。価格水準への圧力;期待される収益を達成できない可能性のある新製品または事業への投資。営業権または償却可能な無形資産の減損により、収益に多額の費用が発生する。グローバルビジネスの運営に伴う経済的および運営上の不確実性の増加、ならびに証券取引委員会に提出されたフォーム10-K(およびその他のフォーム)に記載されている要因 特に、キャプションの下に含まれているリスク要因について説明します " 危険因子 「と」 経営陣による財務状況および経営成績の検討と分析フォーム10-Kに記載されています。SECの提出書類およびその他の重要な情報は、次のWebサイトの投資家向け情報セクションで確認できます。 Investors.onespan.com 。このプレスリリースの日付以降に発生したイベント、存在する状況、または予想の変化を反映するように将来の見通しに関する情報を更新する意図はなく、義務を放棄します。

 

ワンスパン株式会社
凝縮された統合運用規定
(1株あたりのデータを除いて、千単位)
(未監査)

                           
    終了した3か月   終了した9か月  
    9月30日    9月30日   
    2018年     2017年     2018年     2017年  
収益                          
製品とライセンス   ドル  36,882     ドル  38,421     ドル  105,362     ドル  104,454  
サービスおよびその他      15,613        12,705        42,119        34,331  
総収入      52,495        51,126        147,481        138,785  
                           
売上原価                          
製品とライセンス      14,321        12,083        32,897        32,668  
サービスおよびその他      3,631        2,397        9,363        7,511  
販売した商品の総費用      17,952        14,480        42,260        40,179  
                           
粗利益      34,543        36,646        105,221        98,606  
                           
運用費用                          
セールスとマーケティング      16,039        13,956        46,938        42,997  
研究開発      8,992        5,493        22,805        17,669  
一般および管理      10,184        9,882        32,168        26,323  
無形資産の償却/減損      2,442        2,203        7,387        6,603  
総運用コスト      37,657        31,534        109,298        93,592  
                           
営業利益(損失)      (3,114      5,112        (4,077      5,014  
                           
利息収入、純額      258        386        991        1,016  
その他の収入(費用)、純額      246        (185      2,025        402  
                           
税引前利益(損失)      (2,610      5,313        (1,061      6,432  
所得税の支給(給付)      (1,702      2,558        (943      2,994  
                           
純利益(損失)   ドル  (908   ドル  2,755     ドル  (118   ドル  3,438  
                           
一株当たり当期純利益                          
ベーシック   ドル  (0.02   ドル 0.07     ドル  (0.00   ドル  0.09  
希釈   ドル  (0.02   ドル 0.07     ドル  (0.00   ドル  0.09  
加重平均発行済み普通株式                          
ベーシック      39,922        39,811        39,924        39,792  
希釈      39,922        39,821        39,924        39,802  

 



ワンスパン株式会社
凝縮された統合されたバランスシート
(数千、未監査)

             
    9月30日    12月31日 
    2018年    2017年 
           
資産            
流動資産            
現金および同等物   ドル  91,935     ドル  78,661  
短期投資      —        79,733  
2018年に841ドル、2017年に520ドルの引当金を控除した売掛金      42,534        48,126  
在庫、ネット      15,307        12,040  
前払費用      5,201        3,876  
契約資産      6,653        —  
その他の流動資産      7,309        5,501  
流動資産合計      168,939        227,937  
資産と設備:            
家具と設備      7,560        5,655  
オフィス設備      10,905        13,084  
総資産と設備:      18,465        18,739  
減価償却累計額      (11,989      (13,963
有形固定資産、ネット      6,476        4,776  
のれん      94,672        56,332  
無形資産、累積償却費控除後      46,540        37,888  
繰延所得税      4,911        5,460  
契約資産-非流動      4,407        —  
その他の資産      7,476        5,229  
総資産   ドル  333,421     ドル  337,622  
負債と株式の公平            
流動負債            
買掛金勘定   ドル  3,456     ドル  8,144  
繰延収益      28,344        33,295  
未払賃金と給与税      11,711        11,643  
支払われるべき短期所得税      1,600        3,673  
その他の未払費用      10,683        7,746  
繰延給与      1,120        1,652  
流動負債合計      56,914        66,153  
長期据え置き収益      5,254        7,019  
その他の長期負債      6,125        5,919  
未払長期所得税      9,141        12,848  
繰延所得税      6,111        7,753  
総負債      83,545        99,692  
株主資本            
普通株:1株あたり額面0.001ドル、75,000株が承認されています。2018年9月30日および2017年12月31日現在、発行済および発行済の40,261および40,086      40        40  
追加の払込資本      93,224        90,307  
累積所得      168,409        156,151  
その他の包括的損失の累計      (11,797      (8,568
株主資本合計      249,876        237,930  
負債と株主資本の合計   ドル  333,421     ドル  337,622  

 



ワンスパン株式会社
キャッシュフローの要約連結ステートメント
(数千、未監査)

               
    9月30日に終了した9か月間、   
    2018年     2017年    
営業活動によるキャッシュフロー:              
純利益(損失)   ドル  (118   ドル  3,438    
純利益(損失)と純現金を調整するための調整:              
無形資産の減価償却、償却、減損      9,066        7,893    
資産の処分による損失(利益)      (49      227    
繰延税金費用(給付)      (3,020      73    
株式に基づく報酬      2,916        1,901    
資産と負債の変化              
売掛金、純額      6,183        3,854    
在庫、ネット      (3,267      (97  
契約資産      (2,892      —    
買掛金勘定      (5,258      (2,808  
未払所得税      (8,433      (2,089  
未払費用      (911      2,096    
繰延給与      (541      (656  
繰延収益      (405      2,093    
その他の資産と負債      (2,476      (876  
営業活動により(使用されて)得られた正味現金      (9,205      15,049    
               
投資活動によるキャッシュフロー:              
短期投資の購入      —        (168,731  
短期投資の満期      80,000        155,000    
Dealfloの購入、取得した現金を除く      (53,065      —    
資産および設備への追加      (3,410      (1,323  
その他の      —        (462  
投資活動によって提供された(使用された)純現金      23,525        (15,516  
               
財務活動によるキャッシュフロー:              
制限付き株式発行に対する納税      (399      (257  
財務活動に使用された純現金      (399      (257  
               
為替変動が現金に与える影響      (647      640    
               
現金の純増(減少)      13,274        (84  
現金および同等物、期首      78,661        49,345    
現金および同等物、期末   ドル  91,935     ドル  49,261    




主要な製品およびサービスによる収益(数千、未監査):

                         
    9月30日に終了した3ヶ月、    9月30日に終了した9か月間、 
    2018年   2017 *   2018年   2017 *
ハードウェア製品   ドル  27,056   ドル  26,606   ドル  69,123   ドル  73,607
ソフトウェアライセンス      9,826      11,815      36,239      30,847
申し込み      4,161      3,023      10,949      7,634
プロフェッショナルサービス      1,594      1,354      3,715      3,384
メンテナンス、サポート、その他      9,858      8,328      27,455      23,313
総収入   ドル  52,495   ドル  51,126   ドル  147,481   ドル  138,785

*前期の金額は、ASC 605およびASC 985-605に基づいて表示されます




ASC 606採用の影響(数千、未監査):

                                     
    2018年9月30日に終了した3ヶ月   2018年9月30日に終了した9か月間
    報告どおり   調整   バランス
なし
の採用
トピック606
  報告どおり   調整   バランス
なし
の採用
トピック606
収益                                    
製品とライセンス   ドル  36,882     ドル  1,425     ドル  38,307     ドル  105,362     ドル  1,350     ドル  106,712  
サービスおよびその他      15,613        (1,959      13,654        42,119        (4,350      37,769  
総収入      52,495        (534      51,961        147,481        (3,000      144,481  
                                     
売上原価                                    
製品とライセンス      14,321        (83      14,238        32,897        451        33,348  
サービスおよびその他      3,631        —        3,631        9,363        —        9,363  
販売した商品の総費用      17,952        (83      17,869        42,260        451        42,711  
                                     
粗利益      34,543        (451      34,092        105,221        (3,451      101,770  
                                     
運用費用                                    
セールスとマーケティング      16,039        235        16,274        46,938        842        47,780  
総運用コスト      37,657        235        37,892        109,298        842        110、140  
                                     
営業損失      (3,114      (686      (3,800      (4,077      (4,293      (8,370
                                     
税引前損失      (2,610      (686      (3,296      (1,061      (4,293      (5,354
                                     
所得税の支給(給付)      (1,702      1,490        (212      (943      (277      (1,220
                                     
純損失   ドル  (908   ドル  (2,176   ドル  (3,084   ドル  (118   ドル  (4,016   ドル  (4,134
                                     
基本EPS   ドル  (0.02         ドル  (0.08   ドル  (0.00         ドル  (0.10
希釈EPS   ドル  (0.02         ドル  (0.08   ドル  (0.00         ドル  (0.10



非GAAP財務指標

GAAPに準拠した決算を報告します。また、調整済みEBITDA、非GAAP純利益、非GAAP希薄化後EPSなど、特定の非GAAP営業指標を使用して業績を評価します。当社の経営陣は、これらの措置が当社の事業のパフォーマンスに関する有用な補足情報を提供し、当社の過去の業績との比較を容易にすると信じています。これらの非GAAP営業指標は、投資家が業界内の他の企業と当社のビジネスを比較するために使用できる追加のツールを提供すると考えています。

これらの非GAAP指標はGAAPに基づくパフォーマンスの指標ではなく、GAAPに従って計算された最も直接比較可能な財務指標の代替または代替として、単独で検討するべきではありません。これらの非GAAP指標は以下で説明するコンテキスト内では有用であると考えていますが、実際には不完全であり、当社の完全なパフォーマンスまたは見通しを評価するために使用すべき指標ではありません。このような評価では、過去のアクションが現在の結果にどのように影響しているか、それらが将来の結果にどのように影響するか、ビジネスへの融資にどのように選択したか、税金がどのように影響しているかなど、ビジネスに関連するすべての複雑さを考慮する必要があります。投資収益として株主が利用できる、または利用できる最終金額。非GAAP指標と最も直接的に比較可能なGAAP財務指標との調整は以下のとおりです。

調整済みEBITDA

調整済みEBITDAは、利息、税金、減価償却、償却、長期インセンティブ報酬、および取得関連コスト、リース終了コスト、ブランド変更コスト、および法的偶発事象の発生を含むその他の特定の非経常項目の前の純利益(損失)と定義します。調整済みEBITDAは、投資家やアナリストへのパフォーマンスの伝達や業界内の他の企業との比較に使用するためのパフォーマンスの簡略化された尺度として使用します。業績指標として、調整済みEBITDAは、お客様へのサービス提供に最も密接に関連する当社の業績の見方を示すと考えています。金利、税金、減価償却、償却、長期インセンティブ報酬、およびその他の特定の非定期的な項目を除外することにより、ほとんどの場合、お客様の要件を満たすことに直接関連しない決定を考慮せずにパフォーマンスを評価できます。過去の期間に行われた(例:減価償却、償却、長期インセンティブ補償、リース終了費用、前の期間の法定偶発債務の取消)、または事業の構造または資金調達(例:金利、買収関連)コスト、ブランド変更コストなど)、または当社の管理チームの管理外にある規制(税など)の適用を反映しています。同様に、これらの項目の影響を考慮しないと、競合他社の結果との比較が容易になります。

 

純利益と調整後EBITDAの調整
(数千、未監査)

                         
    終了した3か月   終了した9か月
    9月30日    9月30日 
    2018年     2017年     2018年     2017年  
純利益(損失)   ドル  (908   ドル  2,755     ドル  (118   ドル  3,438  
  利息収入、純額      (258      (386      (991      (1,016
  所得税の支給(給付)      (1,702      2,558        (943      2,994  
  無形資産の減価償却、償却/減損      3,046        2,635        9,066        7,893  
  長期インセンティブ報酬      1,633        1,267        4,383        3,199  
  法的見越の取消      (900      —        (900      —  
  ブランド変更のコスト      39        —        561        —  
  買収関連費用      —        —        1,087        —  
  リース出口費用      —        —        315        —  
調整済みEBITDA   ドル  950     ドル  8,829     ドル  12,460     ドル  16,508  

 

非GAAP純利益と非GAAP希薄化後EPS

非GAAP純利益と非GAAP希薄化後EPSは、長期インセンティブ報酬費用、無形資産の償却、およびその他の特定の非経常項目を考慮する前の純利益またはEPSと定義します。これらの指標を使用して、期間間の結果の比較や競合他社との比較に大きな影響を与える可能性のある項目を除いて、パフォーマンスの影響を評価します。

経営陣などに対する長期的なインセンティブの報酬はパフォーマンスに直接結びついており、この指標により、経営者は、そのようなインセンティブがその期間のパフォーマンスに基づいている場合、ビジネスオペレーションのパフォーマンスに対するインセンティブのコストの関係を直接確認できます。そのようなインセンティブが数年にわたるパフォーマンスに基づいている限り、その期間の見越し額に大幅な調整があり、より長い期間に関連し、評価を困難にする可能性のある期間が存在する可能性があります。当期の経営成績 さらに、当社の長期的インセンティブは一般に制限付き株式付与または現金報奨の使用を反映していますが、他の会社は異なる形でコストが決定される異なる形式のインセンティブを使用しているため、比較が困難です。無形資産の償却は除外します。これは、特定の期間におけるかかる費用の額は、事業運営のパフォーマンスに直接相関しない可能性があり、かかる費用は、新規取得の結果として期間ごとに大幅に変動する可能性があるためです。以前に取得した無形資産、または減損イベントによるそのような資産の評価減。ただし、無形資産は現在および将来の収益に寄与し、関連する償却費は期限切れになるかまたは書き留められるまで将来の期間に繰り返されます。 

買収関連費用、ブランド変更費用、リース終了費用、および特定の法的偶発事象に対する引当金を含むその他の特定の非経常項目は、これらの項目がコア事業の事業とは無関係であるため除外します。これらの項目を除外することで、基礎となるコアビジネスの業績をある報告期間から次の報告期間まで比較することができます。

上記の調整に基づいて税調整を行い、非GAAPベースの実効税率をもたらします。これは、GAAP税率とは異なる場合があります。調整に使用する実効税率は、グローバルな事業構造における当社の全体的な税率の合理的な見積もりであると考えています。



純利益から非GAAP純利益への調整
(数千、未監査)

                         
    終了した3か月   終了した9か月
    9月30日    9月30日 
    2018年     2017年     2018年     2017年  
純利益(損失)   ドル  (908   ドル  2,755     ドル  (118   ドル  3,438  
  長期インセンティブ報酬      1,633        1,267        4,383        3,199  
  無形資産の償却/減損      2,442        2,203        7,387        6,603  
  法的見越の取消      (900      —        (900      —  
  ブランド変更のコスト      39        —        561        —  
  買収関連費用      —        —        1,087        —  
  リース出口費用      —        —        315        —  
調整の税効果*      (643      (694      (2,567      (1,960
非GAAP純利益   ドル  1,663     ドル  5,531     ドル  10,148     ドル  11,280  
                         
非GAAP希釈EPS   ドル  0.04     ドル  0.14     ドル  0.25     ドル  0.28  
                         
1株あたりの非GAAP希薄化後利益を計算するために使用される加重平均株式数      40,062        39,821        40,046        39,802  


*調整の税効果は、すべての期間の調整の20%として計算されます。

著作権 © 2018 OneSpan North America Inc.、無断複写・転載を禁じます。OneSpan™、「O」ロゴ、「BE BOLD」。BE SECURE。」™およびDEALFLO™は、OneSpan North America Inc.またはその関連会社の米国における登録商標または未登録商標です。そして他の国。ここに引用されているその他の商標はそれぞれの所有者の財産です。

詳細についてはお問い合わせください:
Joe Maxa
M:+ 1-612‑247‑8592
O:+ 1-312-766-4009
joe.maxa @onespan .com