RSA Conference 2017でVASCOが行動認証、不正管理、およびランタイムアプリケーションの自己保護を実証

2017年2月13日

サンフランシスコ– 2017年2月13日 –アイデンティティ、セキュリティ、ビジネス生産性を含むデジタルソリューションのグローバルリーダーであるVASCO®Data Security International、Inc.(NASDAQ:VDSI)は、RSAカンファレンス2017(サウスホール、ブース2219)で、その新しい行動認証パートナーシップ、詐欺についてデモします。管理プラットフォームとランタイムアプリケーションの自己保護は、デジタルトランザクションに摩擦のないセキュリティをもたらします。VASCOは、次のような次世代の認証および不正防止ソリューションを紹介します。

  • 行動認証エンドユーザーがデバイスを入力、スワイプ、保持する独自の方法で認証できるようにする、目に見えないセキュリティレイヤーです。とのパートナーシップを通じて BehavioSec VASCOは、真に摩擦のないユーザーエクスペリエンスに特に重点を置いた、別の強力な生体認証機能をお客様に提供します。

  • 不正管理 IDENTIKEY Risk Manager 2.3を通じてターンキーを提供リスク分析モバイルおよびオンラインチャネル全体でのリアルタイムの不正検出と防止を含む銀行向けソリューション。IRM 2.3は、リアルタイムのデータ抽出とスコアリングのパフォーマンスを向上させ、現在および新たに出現する不正パターンをより迅速に検出します。

  • ランタイムアプリケーション自己保護(RASP) ユーザーが誤ってモバイルデバイスにマルウェアをダウンロードした場合でも、モバイルアプリケーションを保護します。VASCOをネイティブに統合ラスプアプリケーションへのテクノロジーは、モバイルアプリケーションの整合性を保護し、データとトランザクションが侵害されないようにします。攻撃が発生した場合、RASPは外部コードを検出してブロックし、ユーザーがアプリケーションを安全に使用し続けるか、データの整合性が危険にさらされている場合はアプリケーションをブロックしてシャットダウンします。