eSignLiveリリース11.14:GDPRおよびEquifax USA

Haris Haidary, 2018年5月16日

eSignLiveのバージョン11.14が最近プレビュー環境に導入され、eSignLiveがいくつかのバグ修正に加えて、一般データ保護規則(GDPR)に準拠していることを確認しました。すべての環境の展開日は、トラストセンターページ。中に入りましょう。

一般的なデータ保護規則

一般データ保護規則(GDPR)は、EU内のすべての個人のデータ保護とプライバシーに関するEU法の規制です。EU域外への個人データの輸出を扱います。簡単に言えば、GDPRは、ユーザーデータに発生する事態を最終的に制御しながら、ユーザーデータをあらゆる段階で保護します。これに関する詳細情報を見つけることができますここに

Equifax USA

知識ベース認証(KBA)は、受信者の個人信用報告書の情報に基づいて動的に生成された一連の質問を受信者に尋ねる認証方法です。以前は、Equifax USAは、成功または失敗に関係なく、72時間以内に質問に2回しか回答できませんでした。今後は、受信者に3回目の試行を許可することができます。ただし、これはアカウントレベルの構成です。リクエストをサポートチーム(サポートに送信する必要があります@esignlive .com)。

バグの修正

このリリースでは、いくつかのバグも修正されています。最も注目すべきは、アカウント所有者が受信者に権限を与えることに関する問題を修正したことです。他の誰かが署名する彼らの代わりに。以前は、この受信者が添付ファイルをアップロードする必要があり、署名を他の誰かに再割り当てすることを選択した場合、新しい受信者の添付ファイル要件は削除されました。今後は、新しい受信者も添付ファイルをアップロードする必要があります。最後に、不要な空白が削除されるありがとうダイアログボックスのデザインを修正しました。このブログや、eSignLiveをアプリケーションに統合することに関するその他の質問がある場合は、開発者コミュニティフォーラムにアクセスしてください。 developer.esignlive.com 。それは私からです。読んでくれてありがとう!この投稿が役に立った場合は、Facebook、Twitter、またはLinkedInで共有してください。私に行くことによって私の前のブログのすべてを見つけることができます著者ページ

ハリスハイダリー

テクニカルエバンジェリスト

LinkedIn | ツイッター