OneSpan Signを開始する4つの方法

Michael Williams, 2015年7月28日

OneSpan Signを使用する4つの方法は、提供されているUI、Java SDK、.NET SDK、およびREST APIを使用することです。過去8週間にわたって、「OneSpan Sign for New Users」というシリーズで、これらの各メソッドを開始する方法のステップバイステップの例を示す簡単なチュートリアルブログを作成しました。この短いブログでは、OneSpan Signを開始するための各方法の簡単な概要と、ブログの全文へのリンクを示します。

 

 

 

OneSpan Sign開発者コミュニティ

OneSpan Sign開発者コミュニティ

OneSpan Sign開発者コミュニティに参加してください!フォーラム、ブログ、ドキュメント、SDKダウンロードなど。

今日参加します

 

OneSpan Sign Web UI

eSignLiveの開始-IntroStep1

パッケージを作成して送信する

これはシリーズの最初のエントリーでした。このブログでは、サンドボックスアカウントのサインアップ、新しいパッケージの作成、署名者とドキュメントの追加、ドキュメントへの署名の配置、最後にすべての署名者へのドキュメントパッケージの送信について説明します。

sampleAgreementWithSignatureBoxes

 
このフォローアップブログでは、最初のブログが終了したところから続けました。パッケージはすべての署名者に送信されました。これはシリーズの最初の方法でしたので、このブログでは、送信者と署名者が経験した署名プロセス、ドキュメントと証拠の概要のダウンロード、最後にパッケージのアーカイブと削除について説明しました。

 

 

 


OneSpan Sign Java SDK

コード

パッケージを作成して送信する

これは、シリーズの最初のブログで、コードにステップインしました。この記事では、Java SDKのダウンロード、Eclipse Java IDEのダウンロード、Javaプロジェクトの作成と構成、および単純なJavaクラスからドキュメントパッケージを作成して送信するために必要なすべてのコードについて説明しました。

 

コード

 
簡単なJava SDKの例を続けて、このブログでは、このセクションの最初のブログで作成されたドキュメントパッケージのパッケージIDを見つける方法について説明しました。そのIDを使用して、パッケージにアクセスしました。次に、パッケージのステータスと署名のステータスが確認されました。署名ステータスに基づいて、完成したドキュメントパッケージのドキュメントと証拠の要約がダウンロードされます。

 

 

 

 


 

OneSpan Sign .NET SDK

ツールとSDKサイン付きのロボット。技術コンセプト

パッケージを作成して送信する

2番目のSDKは、最初のSDKとほぼ同様にカバーされました。この投稿では、.NET SDKとMicrosoft Visual Studioをダウンロードする方法、C#プロジェクトを作成して構成する方法を示し、最後にドキュメントパッケージの作成と送信に必要なコードを示します。

C#コンセプト緑の背景に青色のテキスト

 
このセクションの最初のブログと同様に、この投稿はJava SDKセクションの対応するブログと同じパスをたどります。ドキュメントパッケージのパッケージIDを検索する方法、パッケージにアクセスする方法、パッケージステータスと署名ステータスを確認する方法、および署名プロセスの完了後にドキュメントと証拠の概要をダウンロードする方法を示しています。

 

 

 

 


OneSpan Sign REST API

キューブ、モザイクパターンから作られたピクセル化された頭字語API

パッケージを作成して送信する

「OneSpan Sign for New Users」シリーズの最後のセクションは、若干のペースの変更でした。このブログでは、SDKをさらに一歩進め、REST APIを直接使用しました。.NET SDKブログのように、Microsoft Visual StudioでC#を使用しているので、コードに直接ジャンプします。コード全体を示した後、HttpClientの作成方法、ヘッダーの設定方法、ファイルデータとJSONペイロードを含むマルチパートフォームの設定方法を含め、コードを順に説明し、最後にPOSTリクエストを送信します。

アプリケーションプログラミングインターフェイスの記号。技術コンセプト

 
シリーズの最後のブログでは、Microsoft Visual StudioとC#を使い続け、GETリクエストを送信してパッケージステータスと署名ステータスを確認し、署名の完了後に完成したドキュメントと証拠の概要をダウンロードするためのコードを示しました。

 

 

 


読んでくれてありがとう!質問がある場合や、ブログで取り上げてもらいたいトピックがある場合は、コメントセクションに投稿してください。

–マイケル・ウィリアムズ
ツイッター | フェイスブック | LinkedIn