OneSpan Signで署名機関を委任する方法

Dilani Silva, 2015年2月19日
Thumbnail

サプライヤー契約、ベンダー契約、または経費報告を受け取る従業員は、これらの特定の文書に電子署名するための署名権限を持つ同じ従業員であるとは限りません。特に高額取引には、組織内の特定の幹部、取締役、またはマネージャーの署名が必要になる場合があります。それでは、適切な人に必要な文書に電子署名する方法を教えてください。

すべての電子署名プロセスは固有です。OneSpan Signは柔軟性が高く、必要な署名権限を持つ人に電子署名プロセスを委任できます。ドキュメントの送信先が電子署名の権限を持っているかどうかわからない場合は、「署名者オプションの変更」機能を使用して、電子署名ワークフローに柔軟性を追加できます。

 

 

電子署名

電子署名の初心者向けガイド

この包括的な31ページの電子署名の初心者向けガイドでは、電子署名を使用してデジタルビジネスプロセスを作成する際の重要な法的概念と重要な考慮事項を紹介しています。 

今すぐダウンロード

次の簡単な手順に従って、事前に定義された署名者に署名権限を委任します。

1)「新しいパッケージの送信」に移動します。ダイアログボックスで、パッケージの名前と詳細を入力します。

2)「署名者の追加」をクリックします。ダイアログボックスに署名者の電子メールアドレスと名前を入力します。

3)[詳細設定]タブに移動します。[署名者オプションの変更]で、[署名者の変更を許可する]チェックボックスをオンにします。(図1) 署名者を変更1

4)パッケージを準備します(必要に応じて、署名ブロックとフィールドを追加します)。

5)パッケージを送る

6)事前定義された署名者がパッケージを受け取ると、ページの上部にある「署名者の変更」オプションを選択するオプションがあります (図2)

署名者の変更2

7)「署名者の変更」ダイアログボックスで、事前定義された署名者は、署名権限を持つ人の電子メールと名前を入力できます (図3) 署名者の変更3

8)送信者として、署名者の変更に関する電子メール通知を受信します。

とても簡単です!あなたがしなければならないすべては、必要な署名付きの契約を受け取るのを待つことです。

この機能を自分で試して、それがどれほど簡単に使用できるかを確認してください。の無料トライアルにサインアップ OneSpanサイン今日。

Dilani SilvaはOneSpanの製品マーケティングマネージャーです。彼女の職務では、OneSpanの電子署名ソリューションであるOneSpan Signの市場開拓戦略、位置付け、メッセージング、販売支援を管理および実行しています。