OneSpan Sign Developer:デザイナーのカスタマイズと統合–パート1

Duo Liang, 2019年2月20日
OneSpan Sign Developer: Designer Customization and Integration – Part1

インテグレーターとして、エンドユーザーがドキュメントを設計および準備するためのフロントエンドHTMLページを提供する場合、OneSpan Signには「デザイナー」と呼ばれる機能があります。特定のDesignerリンクを作成することにより、署名の配置とドキュメントのレビューエクスペリエンスをiFrameに埋め込むことができます。さらに、OneSpan Signは、幅広い要件に適応するこのグラフィカルユーザーインターフェイスの柔軟な構成もサポートしています。

このブログでは、Designerに関連するAPI / SDKコーディングについて詳しく説明します。次に、デザイナーページで構成可能なコンポーネントを探索し、統合プロセスについて説明します。

デザイナーセッションを構築する

ステップ1:

最初のステップは、送信者認証トークンを作成することです

Java SDK

String senderAuthenticationToken = client.getAuthenticationTokensService()。createSenderAuthenticationToken(packageId);

.NET SDK

string senderAuthenticationToken = client.AuthenticationTokenService.CreateSenderAuthenticationToken(packageId);

残りの方法:

HTTPリクエスト
POST / api / authenticationTokens / sender
HTTPヘッダー
承諾:application / json
Content-Type:application / json
承認:基本的なapi_key
ペイロードをリクエスト
{
  "packageId": "e937fc75-3c3b-4506-b270-cc7e43f4cf78"
}
応答ペイロード
{
   「値」:「MjY0MjQ4MzgtMTJlOS00MzhjLTgzODMtMzJmMGNiZTg3ODBl」
}

ステップ2:

手順1で作成した認証トークンと、パッケージの作成中に返されたパッケージIDを使用して、新しいデザイナーエクスペリエンス用に次のURLを作成します。

{instance_url} / auth?senderAuthenticationToken = {senderToken}&target = {instance_url} / a / transaction / {packageId} / designer

そして、古典的なデザイナーのためにこのリンクを使用してください:

{instance_url} / auth?authenticationToken = {userToken}&target = {instance_url} / designer / {packageId}

注意:

クラシックエクスペリエンスと新しいデザイナーエクスペリエンスがあります。次のセクションでは、新しいバージョンについてのみ説明します。

ステップ3:

パッケージが「ドラフト」ステータスである限り、このリンクをiFrameに埋め込んで、デザイナープロセスを独自のワークフローに移行できます。

参照するデザイナーガイド API / SDKの詳細については、

デザイナーをカスタマイズする

以下の図は、デフォルト設定のデザイナー機能とミニマリストスタイルのデザイナーの比較を示しています。これらの2つのオプションは、デザイナーページで削除または変更できるコンポーネントの数を示しています。デザイナーのカスタマイズ

変更できるコンポーネントの詳細なリストは次のとおりです。

1。「saveLayout」と「applyLayout」ボタン

2。「documentVisibility」ボタン

3。「addSigner」ボタン

4。「editRecipient」ボタン

5。「addDocument」ボタン

6。「ドキュメントの編集」ボタン

7。「ドキュメントの削除」ボタン

8。パッケージ作成の「送信」ボタンまたはテンプレート作成の「完了」ボタン

9。次の追加フィールドは非表示にできます

  • signingDate
  • signerName
  • signerTitle
  • 署名者
  • テキストフィールド
  • チェックボックス
  • リスト
  • 無線
  • テキストエリア
  • ラベル
  • 日付ピッカー

アカウントレベルでデザイナーの設定を変更するには、支援チーム

Designerとの統合

Designerページは強力な機能を備えているため、ワークフローに大きく関与する可能性があります。

PDF自体を変更する必要があるドキュメント抽出またはテキストタグ抽出機能の使用など、ドキュメントの構築に自動メソッドを適用するのとは異なり、このGUIページでは、技術者以外のユーザーが簡単なドラッグアンドドロップインターフェイスでドキュメントを設計できます。フロントエンドページを作成していない場合でも、署名者とドキュメントを追加および編集する機能を提供する可能性さえあります。

これまでのところ、プログラムでDesignerセッションを生成する方法を検討し、潜在的なコンポーネントをウォークスルーし、統合中にこのソリューションを使用することのいくつかの利点を示しました。このシリーズの第2部では、デザイナーページの詳細な統合ワークフローについて説明し、実際のデザイナーのデモを行います。

このブログや、OneSpan Signのアプリケーションへの統合に関する質問がある場合は、開発者コミュニティフォーラム 。あなたのフィードバックは私たちにとって重要です!