OneSpan Sign Developer:ドキュメントのダウンロードと理由の拒否

Haris Haidary, 2018年6月26日

このブログでは、2018年6月11日の週にOneSpan Sign開発者コミュニティで見逃した可能性があることについて説明します。まっすぐに行きましょう。

デフォルトの同意文書のダウンロード

新しいサンドボックスアカウントを作成すると、作成するすべての新しいトランザクションに対して、デフォルトの電子開示および署名同意文書が含まれます。サポートチーム( sign.support @onespan .com )、このドキュメントを無効にするか、アカウントレベルで自分のドキュメントに置き換えるかを選択できます。デフォルトの電子開示および署名同意文書を保持することを選択した場合、トランザクション内の他の文書と同じようにこの文書をダウンロードできます。以下は、この特定のドキュメントをダウンロードする方法のサンプルコードです。

REST API

GET https://sandbox.esignlive.com/api/packages/{packageId}/documents/default-consent/pdf

Java SDK

byte [] docWithId = eslClient.downloadDocument( "{packageId}"、"default-consent");

.NET SDK

byte [] docWithId = eslClient.DownloadDocument( "{packageId}"、"default-consent");

電子開示および署名同意文書の文書IDは常に「default-consent」であることに注意してください。

投稿へのリンク

不承認の理由を取得する

それ以外の場合、受信者がトランザクションを拒否すると、事前定義された拒否理由を選択するか、手動で入力する必要があります。トランザクションが拒否された場合、このアクションの完全な詳細を取得することができます。たとえば、拒否した受信者の名前と電子メール、タイムスタンプを取得できます。拒否の理由を取得する方法については、この機能ガイドに従ってください。

投稿へのリンク

このブログやOneSpan Signをアプリケーションに統合することに関するその他の質問がある場合は、開発者コミュニティフォーラム(developer.esignlive.com)にアクセスしてください。それは私からです。読んでくれてありがとう!この投稿が役に立った場合は、Facebook、Twitter、またはLinkedInで共有してください。著者のページに行くと、以前のブログをすべて見つけることができます。

ハリスハイダリー

技術顧問

LinkedIn | ツイッター