OneSpan Sign Developer:フィールドタイプとトラストセンター

Haris Haidary, 2018年6月14日

このブログでは、2018年5月28日の週にeSignLive開発者コミュニティで見逃したかもしれないものについて説明します。まっすぐに行きましょう。

フィールドタイプ

OneSpan Signを使用すると、署名式中にユーザー入力を使用したり、ドキュメントに追加情報を配置したりできます。これらは、OneSpan Signのフィールドを使用して実現されます。署名と同様に、ドキュメントのどこにでも配置でき、それぞれが特定の署名にリンクされます。その署名の受信者のみがフィールドの値を割り当てまたは変更できます。署名が署名されると、フィールドの値は誰も変更できません。ただし、署名中に受信者が値を変更できないフィールドを追加することもできます。たとえば、ラベルフィールドを追加できます。これは、PDFに単にスタンプされる値を持つ読み取り専用フィールドです。署名式では、ラベルフィールドは編集不可のテキストとして表示されます。トランザクションの作成中に、値をラベルフィールドに渡す必要があることに注意してください。

投稿へのリンク

信頼センター

トラストセンターのページから、ライブおよび履歴の稼働時間データ(毎月更新され、小数点第3位まで報告されます)、データの保護方法に関する情報、および組織の最善のセキュリティ対策を見つけることができます。目標は、電子署名サービスの品質と可用性を完全に可視化することです。さらに、新しいリリースと主要な定期メンテナンスの展開日を確認できます。

投稿へのリンク

このブログや、eSignLiveをアプリケーションに統合することに関するその他の質問がある場合は、開発者コミュニティフォーラム(developer.esignlive.com)にアクセスしてください。それは私からです。読んでくれてありがとう!この投稿が役に立った場合は、Facebook、Twitter、またはLinkedInで共有してください。著者のページに行くと、以前のブログをすべて見つけることができます。

 

ハリスハイダリー

技術顧問

LinkedIn | ツイッター