OneSpan Signリリース11.12:アクセシビリティサポート

Haris Haidary, 2018年3月7日
Thumbnail

OneSpan Signのバージョン11.12が最近プレビュー環境に導入され、視覚障害者がWCAG 2.0レベルAAに従ってドキュメントを確認および署名できるように、いくつかのバグ修正に加えて、アクセシビリティサポートコンポーネントを追加しました。すべての環境の展開日は、トラストセンターページ。中に入りましょう。

アクセシビリティのサポート

OneSpan Sign Signing Ceremonyは、視覚障害のある署名者がドキュメントを確認して署名できるように拡張されました。特に、この機能は標準のPDFドキュメントを可聴HTMLファイルに変換し、OneSpan Signを使用して視覚障害者や署名者がレビューおよび署名できるようにします。この機能を利用するには、次のことを行う必要があります。

  1. アクセシブルなPDFを作成する
  2. アクセス可能なトランザクションを作成する

アクセシブルなPDFを作成するには、追加する必要がありますタグ 。タグ付きPDFは、ページコンテンツ内のPDF指示の特定のグループに関するメタ情報を含むPDFファイルです。このようなPDFを作成する方法の詳細な手順については、ドキュメンテーションページ。次のステップは、アクセス可能なパッケージを作成することです。主に、パッケージ設定で「ada」フラグをオンにし、PDFの署名名とフィールドがコードと一致することを確認する必要があります。REST APIの例を見つけることができますここに 。さらに、SDKでアクセシビリティ機能を使用する場合は、ダウンロードする必要があります最新 SDK(11.12)のバージョン。あなたは私たちの例を見つけることができますジャワそして 。ネット GitHubページのSDK。

バグの修正

このリリースでは、いくつかのバグも修正されています。特に、REST APIを使用して、JSONペイロードを含む既存のトランザクションで複数のドキュメントをアップロードできなかった問題を修正しました。さらに、抽出時にテキストタグの最大長(maxlen)が無視される問題も修正しました。この属性の例を見つけることができますここに 。また、バグ修正の完全なリストは、ドキュメンテーションページ。このブログや、OneSpan Signをアプリケーションに統合することに関するその他の質問がある場合は、開発者コミュニティフォーラムにアクセスしてください。 developer.esignlive.com 。それは私からです。読んでくれてありがとう!この投稿が役に立った場合は、Facebook、Twitter、またはLinkedInで共有してください。

ハリスハイダリーテクニカルエバンジェリスト LinkedIn | ツイッター