ヒントとコツ:OneSpan Signで署名機関を委任する方法

Dilani Silva, 2019年11月21日
Thumbnail

休暇に向けて出発する時間です。出発する前にプロジェクトを完了し、不在メッセージを送信する準備ができており、「誰が管理するか」と尋ねるまで、仕事から外れるのを10分待っています。OneSpan Signアカウントから送信して署名する必要のある、時間に敏感な契約とドキュメント?不在時にビジネスを進めるには、不在時に送信と署名の権限を委任する必要があります。OneSpan Signは、アクセスの委任を提供します。これは、オフィスから離れているときに、組織内の他のユーザーにOneSpan Signアカウントへのアクセスを許可できる便利な機能です。アクセスの委任を使用すると、割り当てられた委任者(つまり、OneSpan Signアカウントへのアクセスを許可した人)が不在時に代理でドキュメントを送信および署名できます。 

OneSpan Signでアクセス委任機能を使用するのがいかに簡単かを紹介しましょう。

OneSpan Signでアクセス委任を使用する方法

 

  • ダッシュボードからアカウントの詳細セクションに移動し、「管理」を選択します。次に、左側のナビゲーションバーから[送信者]を選択します。ここには、組織でOneSpan Signを使用している同僚のリストが表示されます。

 

ブログ画像1

  • トップメニューからアカウントの詳細にアクセスします。[アカウント]を選択し、左側のナビゲーションバーから[委任へのアクセス]を選択します。この画面には、OneSpan Signアカウントを管理する権限を委任するために選択できる同僚のリストが表示されます。同僚を追加するには、[代理人を追加]フィールドをクリックして、OneSpan Signアカウントへのアクセスを許可する人を選択します。この例では、OneSpan SignアカウントへのアクセスをTamara Smithに許可します。「保存」をクリックします。

AD GIF 2  

  • Tamara SmithがOneSpan Signアカウントにアクセスできるようになりました。彼女は自分のアカウントで、右上にある「委任の管理」アイコンをクリックします。「委任の管理」ダイアログボックスで名前を選択し、「管理の開始」をクリックします。

 

広告GIF 3

 

  • 代理として、Tamara Smithがあなたに代わってトランザクションを送信および署名できます。彼女はまたあなたのトランザクションとテンプレートにアクセスできます。

AD GIF 4

アクセス委任機能を使用すると、不在時にOneSpan Signアカウントでのトランザクションの監視について心配する必要がなくなります。以下のビデオチュートリアルをチェックして、アクセス委任機能の動作を確認してください。 お問い合わせ支援チームアカウントでこの追加機能を無料で有効にします。 アクセス委任の詳細を読むにはオンラインでご相談くださいドキュメントポータル

ビデオ: OneSpan Signで署名機関を委任する方法

Dilani SilvaはOneSpanの製品マーケティングマネージャーです。彼女の職務では、OneSpanの電子署名ソリューションであるOneSpan Signの市場開拓戦略、位置付け、メッセージング、販売支援を管理および実行しています。