WCAG 2.0:アクセシビリティサポートにより、視覚障害者に電子署名を提供

Joe McKairnes, 2018年3月22日
Thumbnail

当然のことながら、朝目覚めたときは、さわやかになり、服を着て、階下に行き、ジョーのカップ(しゃれたつもりはありません)をつかんで、ホームオフィスに向かいます。ログイン、メールのチェック、ニュースのチェック、LinkedInなどを行った後、リビングルームに行って地元のニュース放送を見ています。私は習慣の生き物であり、毎朝これを行います。

それから、それは私に夜明けしました—私が働く耳と目が働くことを私が当然と思う方法(まあ、白内障手術の後、それはです)。これらの感覚の1つだけが欠けていた場合、日常生活はどのくらい難しいでしょうか?

私はそれについて考え、別の人の靴で数歩歩くことを試みることにしました。翌朝起きたとき、わざと目を閉じて一日を始めようとしました。詳細には触れませんが、大変でした。まず、トイレが見つかりませんでした。やっとやってきて階下に行こうとしたら、階段の下の柔らかなカーペットが良かった!そして、1日のカップを1杯だけ飲もうとしたので、床にコーヒーがどれだけ残ったかを教えてもらえません。

この小さな実験で、私は自分自身-個人、企業、政府-を他人の立場に置くべきだと気づきました。そのとき、アクセシビリティに関する法律、規制、標準がいかに重要であるかを理解し始めます。たとえば、 Webコンテンツアクセシビリティガイドライン(WCAG 2.0)。  

WCAG 2.0とは

WCAG 2.0は、障害を持つ人々がWebコンテンツにアクセスしやすくするためのガイドラインを提供する国際標準です。ガイドラインは、A(サポートする必要がある)、AA(サポートする必要がある)、AAA(サポートする可能性がある)の3つのコンプライアンスレベルに分類されます。

とりわけ、WCAGはJAWS(Job Access With Speech)などのテクノロジーの支援を受けて、その方法を概説していますスクリーンリーダー 、視覚障害者または視覚障害者は、テキスト読み上げソフトウェアを使用してWebコンテンツにアクセスできます。

eSignLiveの一部として Spring '18のまとめ 、新しいユーザー補助サポートコンポーネントをリリースします。これにより、視覚障害のある署名者は、サポートされているブラウザーとアクセシビリティツールで表示されるPDFドキュメントを確認して電子署名することができます。このコンポーネントは、WCAG 2.0レベルAAを満たしています。

これをeSignLiveで開発するとき、私たちは市場の他の人とは異なるアプローチを採用しました。署名プロセスを開始し、署名用のドキュメントを送信する組織の場合、Googleの製品の内部でドキュメントにタグを付けて提示することはありません。独自の電子署名製品内で作業する代わりに、私たちの目標は、ドキュメントにすでにタグを付ける方法をサポートすることです。通常どおりにドキュメントを準備するだけです。その後、署名用に送信すると、eSignLiveはドキュメントに配置したタグを認識し、保持して、署名者にレンダリングします。

視覚障害者や視覚障害者が電子署名契約や契約に対応できるようにしたい場合は、 eSignLiveのアクセシビリティサポート 、サポートされている機能とソフトウェア、作成方法と送信方法署名のためのアクセス可能なトランザクション 。新しいアクセシビリティサポート機能のデモについては、 eSignLive Spring '18のまとめWebキャスト 2018年4月3日午前11:00 ET