Document Creation

ドキュメントの作成

OneSpan Signで簡単に電子署名のためにドキュメントを送信することができます。署名者へドキュメントのトランザクションを送信してから電子署名プロセスを完了するまで、多数のオプションをご用意しています。

対応するファイル形式

OneSpan Signでは次のファイル形式に対応しています。 .doc、.pdf、.odt、.rtf、.txt。 また、OneSpan Sign Print Driver を使用すると、WindowsベースのアプリケーションからトランザクションをOneSpan Signへ簡単に直接送信できます。 Word、Excel、Googleドキュメント、PDFなどのアプリケーションから「OneSpan Signへ送信」で印刷すると、署名のためにトランザクションを送信します。

標準フィールドとカスタムフィールド

署名者は、簡単にドキュメントの適切な場所に署名とイニシャルを付与することができます。 標準フィールドでは、署名者の署名、イニシャル、氏名、役職、署名日、会社名などの情報を収集します。 また、カスタムフィールドを作成し再利用することで、特定の顧客データを取得することも可能です。

高度なフォームフィールド

チェックボックス、ラジオボタン、ドロップダウンリスト、テキストフィールド、ラベルフィールドなど、高度なデザイン変更をフォームフィールドに対して実行できます。

署名者の添付ファイル

電子署名プロセスで、署名者に運転免許証の写真や追加のPDF文書などの補足書類を添付するよう促します。

保持とアーカイブ

電子署名プロセスが完了すると、電子署名済みドキュメントはダウンストリームにプッシュされ、長期保存するために社内のコンテンツ管理システムまたはご希望の他の記録管理ソリューションにアーカイブされます。

補足文書を追加

署名者向けの法的開示や利用規約などの補足文書をトランザクションに添付します。 署名者は、簡単に補足文章を閲覧、同意、署名することができます。

Signer-Workflow

署名者のワークフロー

OneSpan Signsでワークフローの定義やプロセスのすべてのステップをコントロールできるため、顧客体験の最適化や高い完了率が実現できます。ビジネスニーズに合わせて最適な電子署名プロセスと署名者エクスペリエンスを構築することができます。

シリアル署名とパラレル署名

複数の署名者にドキュメントを配布し、署名順序を設定することができます。署名者が指定した順序で署名するか、並行に署名するかを選択します。

テンプレート

テンプレートは、頻繁に使用するドキュメントに役立つ機能です。 署名とフィールドの配置を設定し、再利用可能なテンプレートを作成します。これにより、電子署名用のドキュメントの準備に必要な作業工程を減らすことができます。

レイアウト

レイアウトは、署名欄やデータフィールドのあるフォームを頻繁に送信するユーザーにとって便利な機能で、署名欄やデータフィールドをドキュメントの同じ場所に配置できます。 レイアウトは設計図のようなもので、保存すると今後同じフォーマットやフィールド要件のドキュメントに適用できます。

ドキュメントの可視性

受信者が表示し署名できるドキュメントを選択できます。 受信者ごとに個別のトランザクションを作成する必要がなく、複数のドキュメントを扱う単一のトランザクションで個々のドキュメントのアクセスを指定できます。 さらに、この機能を使用すると、受信者が見る必要のないドキュメントを処理する手間を省き、機密情報を含むドキュメントを対象となる受信者だけが表示できるようになります。

テキストタグ

テキストタグを使用すると、署名やフィールドを手動でドキュメントに配置する必要がなくなります。 ドキュメントにテキストタグを追加すると、ドキュメントをOneSpan Signにアップロードした後、すべてのテキストタグは適切な位置の署名やフィールドに自動的に置き換えられます。 

受信者のアクセス権

署名、署名者の変更、ドキュメントへの同意など、受信者が必要とするアクションを定義できます。 OneSpan Signでは、ビジネスニーズに合わせて、特定の受信者のワークフローをカスタマイズすることができます。

リマインダーと有効期限

署名者が時間通りに署名プロセスを完了できるように、自動送信のリマインダーメールや有効期限を設定します。 署名者に送信した時間的制約のあるドキュメントを管理するために役立つパワフルな機能です。

条件付きフィールド

特定のフィールドへの署名者の回答に基づいて、キャプチャする必要のあるデータの表示、非表示を設定します。 ドキュメントに条件付きの表示ルールを定義し、署名者が選択した内容に基づいて関連するフィールドのみを表示します。

オプションの署名

ドキュメントにオプションの署名を設定すると、ドキュメント内のすべての署名フィールドに署名しなくても、署名者は柔軟にトランザクションを完了できます。

Identity-Verification-Authentication

本人確認と認証

OneSpan Signの強固で柔軟な本人確認・認証オプションを利用することで、オンライン取引での署名者の本人確認に多層的なセキュリティ対策を行うことができます。

電子メール認証

電子メール認証は、OneSpan Signが受信者の本人確認に使用するデフォルトのオプションです。 メールアカウントにログインする際に使用する安全なユーザー名とパスワードで、対象となる署名者の本人確認を行います。 署名者はリンクをクリックすると、署名が必要なドキュメントにアクセスできます。

ログイン資格情報 

送信者のシステムの一意のユーザー名とパスワードで署名者の本人確認を行います。 オンラインバンキングや行政サービスのポータルサイト、OneSpan Signのアカウントでも利用できます。

SMS認証

署名者の携帯電話番号にSMSで送信される安全なワンタイムパスワードで署名者の本人確認を行います。 署名者は、その認証コードをログインページに入力し、署名が必要なドキュメントにアクセスできます。

秘密の質問による認証

署名者に質問が提示されます。 社会保障番号やアプリケーションID番号の下4桁など、既に登録されている顧客情報から質問が作成されるため、一般的に「共有の秘密」と呼ばれています。 署名者が正しい回答を行うことで、その人がトランザクションの正しい受信者であることが確認されます。

政府発行の身分証明書による本人確認

政府発行の身分証明書(運転免許証、パスポートなど)を使用して、リモートで未知の人物の本人確認を行います。 OneSpan Signは、デジタル本人確認 を活用して、身分証明書のデータの取得、抽出、分析を行い、政府発行の身分証明書を認証します。

生体認証

署名者はスマートフォンのカメラで「自撮り」をして、その写真と政府発行の身分証明書の写真を比較します(上記参照)。 まばたき、会話、頭の傾きなどを検出する生体検知機能と組み合わせることで、キャプチャした画像が実在する本物の人間かどうかを確認できます。 署名者の本人確認は、リアルタイムで数秒以内に行うことができます。

知識ベース認証 (KBA)

EquifaxのようなサードパーティのID認証サービスと統合し、リアルタイムで生成されたウォレット外の質問のリストを署名者に提示します。 OneSpan Signは、その回答をキャプチャしサービスプロバイダーに提示することで、顧客の本人確認を行い、署名用のドキュメントへのアクセスを承認します。

政府機関のスマートカードと派生資格情報

米国のCACやPIVカードなどのスマートカードに格納されたデジタル証明書を使用して、フォームやドキュメントに電子署名を付与します。 これにより、ユーザーが知っていること(スマートカードのPINコード)、ユーザーが持っているもの(スマートカード)、また、必要に応じて生体情報(ユーザー自身の特徴)を用いた二要素、さらには三要素の認証が可能になります。

デジタル証明書

サードパーティのトラストサービスプロバイダー(TSP)や自社の公開鍵基盤(PKI)が発行するデジタル証明書を利用することができます。 署名者の本人確認を行うために、ユーザーのシステムにローカル保存されているデジタル証明書、電子的な身分証明書(eID)カード、クラウド保存されているリモートのデジタル証明書、ハードウェアトークンなどをサポートしています。

Digipass認証装置

OneSpan Signは、OneSpanの多要素認証や モバイルセキュリティ に関するソリューションと連携し、ユーザーの事前認証および署名時に、ワンタイムパスワード(OTP)やセキュリティコードを用いた強力な認証をサポートします。 多要素認証は、ユーザーがトランザクションにアクセスしプロセスを完了する前に二つ以上の要素を使用して本人であることを認証することで、多層的なセキュリティ対策を講じています。

Optimized-Signing-Experience

署名エクスペリエンスの最適化

署名者にとって直感的で使いやすい署名プロセスが必要です。OneSpan Signは、いつでもどこでも、複数のデバイス間で、最適な署名エクスペリエンスを提供します。

ホワイトラベル 

電子署名プロセスを完全にホワイトラベル化し、署名者が表示するWebページや電子メールにお客様のブランドを前面に押し出します。 自社ブランドを反映させ、お客様のWebアプリケーションの外観と操作感を全体に管理するため、ロゴの追加や、電子メールのコンテンツや送信者ドメインのカスタマイズが可能です。 トランザクションを完全にブランド化することで顧客の信頼を高め、非常に高い普及率を達成することができます。

また、ホワイトラベルはお客様のブランドや顧客を守り、巧妙なフィッシング詐欺師 がお客様を次のターゲットにすることから阻止します

リモート署名と対面署名のオプション

署名のためにドキュメントを送信し、受信者は対面またはWebを介してリモートで電子署名を行います。 オンライン、モバイルデバイス、コールセンター、支店、対面など、あらゆるチャネルやプロセスで最高の署名者エクスペリエンスを提供します。 OneSpan Signはモバイル向けに最適化されており、スマートフォンなどの小型フォームファクタのデバイスを自動的に検出します。

アクセシビリティサポート

OneSpan Signは、アクセシビリティ機能をサポートしています。視覚障害者の方でも、対応ブラウザやアクセシビリティツールでドキュメントを確認して署名することができます。 Webコンテンツを対象にしたアクセシビリティ・ガイドライン「WCAG 2.0」のレベルAA適合のコンポーネントです。

モバイル署名キャプチャ

署名者のモバイルデバイスをモバイル署名キャプチャパッドにして、手書きの署名を取り込むことができます。 デスクトップユーザーがモバイルデバイスから電子署名できるクロスデバイス対応です。アプリやプラグインは不要です。

オフライン署名

OneSpan Sign mobile アプリには、オフライン署名機能が搭載されており、Wi-Fi環境や携帯電話の電波状況に関わらず、どこでも署名できます。 インターネット接続が再開されると、アプリは自動的にオンラインサービスと同期します。

セルフサービスブランディング

管理画面からセルフサービスブランディングのオプションを選択すると、会社のロゴの追加や色や文字列のカスタマイズが可能となり、お客様のブランドを前面に押し出すことができます。

Transaction Management and Reporting

トランザクションの管理とレポート

レポート機能で大量のトランザクションの管理やアカウントアクティビティを可視化し、OneSpan Signでのすべての着信および発信トランザクションを追跡することができます。

ダッシュボード

トランザクションの進捗状況をリアルタイムに把握すること、OneSpan Signまたはお使いの記録管理システムに重要な電子署名のトランザクションを管理、アーカイブすることが可能です。 ダッシュボードで電子署名のトランザクションの表示や追跡を行います。

レポート

OneSpan Signアカウントのトランザクション、署名者、全体のアクティビティのレポートを作成します。

一括送信

一括送信機能を使用すると、複数の受信者に署名用のドキュメントを送信する必要がある場合に時間を節約できます。 個別のトランザクションを準備する必要がなくなります。 受信者のリストをインポートし、署名用のドキュメントを準備して送信をクリックすると、一括送信できます。 受信者は、電子署名が必要なドキュメントの一意のコピーを受け取ります。

ファストトラック

ファストトラックを使用すると、トランザクション専用のURLを作成し、お客様のWebサイトや安全な社内ポータルサイトに埋め込みます。 統合や開発は一切不要です。 秘密保持契約や標準的な契約書など大量かつ繰り返されるプロセスに最適な機能です。

Security, Compliance & Audit

セキュリティ、コンプライアンス、監査

OneSpan Signは、セキュリティ意識の高い企業から信頼されている電子署名サービスです。セキュリティは当社の優先事項です。安全なソリューションを提供し業界標準のセキュリティ要件を満たすための必要なセキュリティ対策を講じ、常にデータを安全に確保します。

改ざん防止シール付きのドキュメント

OneSpan Signは、高度な暗号化技術である デジタル署名 を採用しています。署名後にドキュメントに改ざん防止シールを施し、ドキュメントに変更があった場合は目に見える形でドキュメントを無効にします。このセキュリティが搭載されていることで、電子署名済みのドキュメントの完全性が保証され、不正行為からお客様やお客様の顧客を守ることができます。

統一された単一の監査証跡

電子商取引に関わる法的紛争が発生した場合、OneSpan Signは可能な限り最高の証拠を提供することができます。OneSpan Signは、本人確認や認証から電子署名まで、契約プロセス全体を単一の監査証跡としてキャプチャできる唯一のソリューションです。 監査証跡には、使用した身分証明書や本人確認方法、およびその検証結果の詳細が記録されています。 そのため、コンプライアンスを証明できる強力なアイデンティティの保証とともに、トランザクションの全体像を把握することができます。

埋め込みの監査証跡

OneSpan Signでは、署名者、署名日時、電子署名に使用されたデジタル証明書など、電子署名トランザクションに関する詳細情報を署名済みのPDFにも埋め込むことができます。 デジタル署名(ハッシュ化と暗号化)により、署名時からドキュメントの有効性を検証することで、電子署名済みの記録の否認防止を実現しています。 署名ブロックをクリックするだけで、簡単に署名済みのドキュメントを確認できます。 これにより、監査証跡が開かれるため、署名者の認証とドキュメントの有効性の両方が自動的に検証できます。

ドキュメントのフラット化

OneSpan Signでは、ドキュメントから動的コンテンツを削除してから処理を行います。 オーバーレイによってコンテンツを置き換える手段として使用されたフォームフィールドはドキュメントから削除し、攻撃は自動的に無効化されます。

クラウドセキュリティ

セキュリティに敏感な企業は、取引先のベンダーが必要なセキュリティ要件を満たしているかどうかを確認したいと考えています。 OneSpan Signは、SOC 2、ISO 27001、PCI DSS、FedRAMPおよびHIPAAに準拠した最先端の世界中のデータセンターでホストされています。 さらに、OneSpan Signは次のようなセキュリティ管理およびコンプライアンス要件を満たしています。 ISO / IEC 27001、ISO / IEC 27017、ISO / IEC 27018、SOC 2 Type II、Skyhigh、HIPAA、FedRAMP、米国国立標準技術研究所(NIST)、ジョイント相互運用性テストコマンド(JITC)、米国家安全保障局の国家情報保証パートナーシップ(NIAP)など。 詳細については、 OneSpan Sign コンプライアンス監査と認証.をご覧ください。

KMSによるデータ暗号化 

OneSpan Signでは、署名済みのドキュメントとその関連データは最先端の暗号化技術を用いて常に暗号化されます。 共有鍵や秘密鍵の管理が可能な最高クラスのKMS (Key Management System)を提供することで、セキュリティのベストプラクティスを実践しています。

添付ファイルのウイルススキャン

署名者が添付ファイルとしてドキュメントをアップロードする場合、直ちにマルウェアスキャンを実行します。 悪意のあるドキュメントが検出された場合、OneSpan Signはそのドキュメントをブロックし、署名者が署名ワークフローでそのドキュメントをアップロードできないようにします。

Open APIs and Integration

オープンAPIと統合

Webポータル、ビジネスアプリケーション、基幹システム、モバイルアプリで電子署名プロセスを完全に自動化します。パワフルなAPI、SDK、リソースをご利用いただけます。

オープンREST APIと完全サポートのSDK

公開されているREST APIや、完全にサポートされている.NET、Java、APEX、 iOS / Android向けSDKを使用して、OneSpan Signに独自のカスタム統合を構築できます。当社のツールは、迅速な開発、テスト、導入を可能にします。

高度なワークフローのカスタマイズ

ドキュメントの準備や署名ワークフローを完全にカスタマイズできます。独自のビジネスプロセスや顧客のトランザクションに合わせて特定のイベントをトリガーすることで、可能な限り高い普及率が実現できます

OneSpan Signをアップストリーム(ドキュメントの生成など)やダウンストリーム(アーカイブ、ストレージなど)のプロセスとシームレスに統合します。

サードパーティのデータフィールド

データフィールドを他のアプリやシステムと緊密に統合、連携することができます。 データは、サードパーティのシステムからお客様のドキュメントへ、またはその逆へと双方向に移行します。

シングルサインオン(SSO)の統合

SAMLを設定すると、お客様のユーザーはシングルサインオン(SSO)でOneSpan Signにログインできます。

サンドボックス環境

OneSpan Signでは強固なサンドボックス環境 にアクセスできるため、当社のソリューションの迅速な開発とテストが可能になります。

Administration and Controls

管理と制御

OneSpan Signは、組織全体でユーザーやアカウントのアクセス権を管理できる一元化管理機能を備えています。

エンタープライズ管理

アカウント管理者は、ユーザーや複数のアカウントを一元的に効率よく管理できます。 これにより、複数のアカウントをサブアカウントにまとめること、ユーザーとアカウント間の共有機能を制御すること、すべてのアカウントでセルフサービスブランディング機能を活用することが可能となります。

グループとアクセス権

グループとアクセス権を使用して、ロールベースの署名ルールを管理します。署名の依頼は、グループのメンバー間で管理、委任、共有できます。

委任

オフィスを留守にする際に、組織内の別の人にアカウントへのアクセスを許可することができます。 割り当てられた代行者は、本人不在の間、代わりにドキュメントの送信や署名を行います。

セキュリティ設定

ユーザーがOneSpan Signにアクセスする際は、強力なパスワードを設定してください。パスワードの再変更可能までの日数やログイン失敗回数の制限など、パスワードの強度に関するルールを設定できます。

データ保持

管理者は、組織のニーズに合わせてトランザクションのパージスケジュールを定義できます。 ドキュメントの種類と、どの時間枠でそのドキュメントを削除するかを決定することができます。

International

グローバル対応

OneSpan Signは、世界中のお客様の電子署名のニーズにお応えします。グローバル言語やタイムゾーンのサポートを提供し、国際的な顧客の国内のコンプライアンス基準も満たしています。

グローバル言語のサポート

OneSpan Signは、送信者と署名者の両方に対して、英語、フランス語、オランダ語、スペイン語、ドイツ語、日本語、ポルトガル語、イタリア語、ロシア語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、デンマーク語、ギリシャ語に対応しています。

電子取引のための電子識別とトラストサービス(eIDAS)

OneSpan Signは、eIDAS規則で規定されている3種類の電子署名の要件を満たすように設計されています。 標準電子署名(SES)、高度電子署名(AES)、適格電子署名(QES)の3種類です。 詳細については、 電子署名の適法性ガイド をご覧ください。

適格タイムスタンプ

OneSpan Signでは、適格タイムスタンプサーバーに接続し、タイムスタンプをサポートしています。電子署名のデータを信頼できるタイムスタンプと紐づけることで、特定のトランザクションがいつ行われたか独立して示すことができます。これにより、電子署名の完全性がさらに強化されます。

タイムゾーンのサポート

Span Signは全世界のタイムゾーンに対応しています。 アカウントレベルでもトランザクションレベルでも、柔軟にご希望のタイムゾーンにカスタマイズできます。

Additional OneSpan Sign Solutions

OneSpan Signのその他のソリューション

電子署名の利用を組織全体に拡大するために利用できるOneSpan Signのその他のソリューションをご覧ください。

ビルド済みコネクタ

OneSpan Signのビルド済み電子署名コネクタを使用すると、組織全体でユーザー主導のプロセスを実現することができます。 お客様のビジネスアプリケーションから離れることなく、電子署名プロセスを自動化します。 次のようなビルド済みコネクタを提供しています。 Salesforce 、 Salesforce CPQ 、 Microsoft SharePoint 、 Microsoft Dynamics CRM 、 Box 、 Office 365 、 Laserfiche 、 Pega 、 Guidewire など。

モバイルアプリ

iOS / Android 向けOneSpan Signネイティブモバイルアプリからアカウントにアクセスし、トランザクションを作成、管理できます。 また、電子署名機能を既存のモバイルアプリに統合するのに役立つ モバイルSDK も提供しています。 詳細については、 モバイル電子署名をご覧ください。

eVault(電子保管庫)

住宅ローン、自動車ローン、設備機器のリースなどのデジタル資産を、安全でコンプライアンスに則った電子保管庫で管理、保護します。 OneSpan Signを使用して決算書類の確認や公証を行い、完成したドキュメントを eOriginal または CDC Arkhineo のようなサードパーティの電子保管庫に転送することができます。

eNotary(電子公証サービス)

eNotaryを使用すると、公証人は紙の煩わしさを感じることなく、簡単に電子公証を行うことができます。 認定公証人と署名者は、対面またはリモートで署名します。 トランザクションを完了すると、OneSpan Signによりドキュメントに公証人のシールがデジタルで貼付されます。

Support and Additional Resources

サポートとその他のリソース

OneSpan Signでは、当社のソリューションへの投資が将来的に成功できるよう幅広い種類のサポートやリソースをご用意しています。

テクニカルサポート

OneSpan Signのすべてのプランにおいて、電子メール、電話、ライブチャットによるテクニカルサポートを提供し、製品に関する問題が解決するまでトラブルシューティングを行います。 また、お客様が製品をすぐに使い始めることができるように、完全導入ガイドやユーザーガイドがオンラインでご利用いただけます。

サポートプラン

中小企業から大企業まで、お客様のニーズに合ったサポートプランをお選びいただけます。 OneSpanは、標準的なサポートから導入後にさらなる技術的専門知識を必要とするお客様への拡張サポートプランのオプションまで、様々なサポートプランを提供しています。 お客様が業務に集中できるように、お客様の投資を守ることやアプリケーションがスムーズに動作するようにお客様のプロジェクトチームをサポートすることを最優先に考えています。

プロフェッショナルサービス

当社のプロフェッショナルサービスチームは、プロジェクトマネージャー、ソフトウェアアーキテクト、テクニカルコンサルタント、QAエキスパートで構成されており、お客様の電子署名導入の各ステップにおけるガイダンスとベストプラクティスを提供します。 詳細をご覧ください

サポートセンター

サポートセンターでは、ビデオチュートリアル、よくある質問、ステップバイステップの説明など、お客様がOneSpan Signをすぐに使いこなせるようにサポートしています。 サポートセンターをご覧ください。

コミュニティポータル

OneSpan コミュニティポータルは、開発者がフォーラム、ブログ、ドキュメント、SDKのダウンロードなどにアクセスするためのワンストップショップです。 コミュニティポータルをご覧ください。

トラストセンター

OneSpan Signのシステム状況やセキュリティ情報をリアルタイムに確認できます。 トラストセンターをご覧ください。

Deployment Options

導入オプション

OneSpan Signの柔軟な導入アーキテクチャでは、ソリューションをどこにどのように展開するかを柔軟に選択できます。ビジネスニーズやITポリシーが変更になっても、いつでも別の方法に切り替えることができます。

パブリッククラウド

クラウドでOneSpan Signを使用すると、最大限の柔軟性とコスト削減を実現できます。 当社のソリューションは、数多くあるグローバルクラウドロケーションのいずれかでホストされます。最高クラスのセキュリティを提供し、企業や顧客のデータを安全に確保します。

プライベートクラウド

自社のプライベートクラウドにOneSpan Sign専用ホストのインスタンスを展開できます。

オンプレミス

自社のインフラストラクチャでOneSpan Signを展開、管理すると、最大限の制御が可能になります。

コンテナ化

OneSpan Signは、マルチクラウド展開戦略の採用を検討している企業向けにコンテナの展開に対応しています。 当社のソリューションでは、機密性の低いデータをクラウドに移行し、機密性の高いデータをオンプレミスまたはプライベートクラウドに維持できるような柔軟性を備えています。 コンテナ化でコストの削減と拡張性の向上が可能となるため、マルチクラウド展開が実現できます。

Performance and Availability

パフォーマンスと可用性

OneSpan Signはグローバルデータセンターに設置された信頼性の高いインフラストラクチャでサービスを運営しています。 お客様は当社のサービスを信頼して事業の運営やミッションクリティカルなプロセスを前進させています。当社は、エンタープライズクラスの可用性を提供するために継続的に努力し、最新の状態のシステムステータスを提供することで完全な透明性を保証しています。

グローバルデータセンター

OneSpan Signは、国内のデータ常駐要件を満たし、最小限のレイテンシーを確保するため、米国、カナダ、EU、オーストラリアでホストされています。 また、クラウドインフラストラクチャ・パートナーによる グローバルデータセンターネットワーク を活用することで、世界中のどこからでもOneSpan Signの新しいインスタンスを迅速に展開することができます。

高い稼働率を誇るプラットフォームの可用性

OneSpan Signの各インスタンスは冗長性や弾力性が確保されたクラウドインフラストラクチャでホストされているため、世界中のお客様やユーザーに99.9%の稼働率を提供しています。

サービスの可用性状況

OneSpanは、OneSpan Signのグローバル環境すべてについて、サービスの可用性状況をトラストセンターでリアルタイムに公開、更新しています。 トラストセンターで稼働率をご確認ください。

システムステータスのアラートと通知

OneSpanは、最新の状態のシステムステータスを提供することで、完全な透明性を保証しています。

負荷テスト

当社のプラットフォームは、最も大量に使用された場合のシナリオで負荷テストを実施しています。 そのため、最適なレスポンスタイムを維持しながら大量のトランザクションの処理が可能となります。

本サイトの情報は、情報提供のみを目的としており、法律上の助言を構成するものではありません。独立した専門家による助言をお求めください。 Oこれらの資料の内容について、OneSpanは一切の責任を負いません。/em>