OneSpan Sign 本人確認・認証

素早く署名者の本人確認・認証を行います — 署名者がどこにいても

強力な本人確認・認証で、ドキュメントに安全にアクセス

OneSpan Signでは、さまざまな本人確認・認証のオプションをご用意しております。 安心して電子署名をご利用いただけます。必要なレベルのセキュリティを柔軟に選択できます。.

契約書への安全なアクセスと対象となる本人による署名が確実に得られるように、SMS、チャレンジレスポンス認証、知識ベース認証(KBA)、政府発行の身分証明書などのオプションを提供しています。

OneSpan Sign

OneSpan Signには、本人確認・認証オプション機能が搭載されており、署名者が契約書にアクセスする前に、本人確認を行うことができます。

authenticate gray

本人確認

leverage ai

生体認証

alerts and reports

チャレンジレスポンス認証

Evaluation-Guide-Gray

知識ベース認証(KBA)

Locked Document

証明書ベースのID

本人確認

政府発行の写真付き身分証明書による認証の強化

OneSpan Signの本人確認オプションは、署名者の政府発行の写真付き身分証明書が本物かどうかを素早く判定し、最高レベルの署名者の本人確認を行います。

署名者は、お手持ちのモバイルデバイスでパスポート、運転免許証、その他の政府発行の身分証明書などを撮影します。 機械学習アルゴリズムにより、写真付き身分証明書の確実性と有効性を分析し、本物かどうかを判定します。

生体認証

署名者が本人であることを確認

生体認証オプションを組み合わせて本人確認を行うと、より高いレベルのセキュリティと確実性を得ることができます。 署名者はお手持ちのモバイルデバイスで自撮り撮影を行います。 高度なアルゴリズムにより、本人写真の画像から生体情報を抽出し、認証された本人確認書類の画像と比較することで、署名者が本人かどうかを判定します。​

生体検知機能では、署名者のまばたき、頭の傾きなどを検出することで、署名者が実在する本物の人間かを証明し、静止画像や動画が不正に使用されていないことを確認します。

署名と本人確認の連携が必要な理由

71%

の 中堅 金融機関が

口座開設の手続きをデジタル化している*

43%

の お客様が

口座開設の手続きを審査の段階で途中離脱している*

80%

の 組織が

will be 2022年までにオンボーディングのワークフローにオンライン本人確認を利用するだろう**

 

SMS認証

消費者向けの取引に多層的なセキュリティを追加

OneSpan Signでは、ワンタイムパスコードを生成し、署名者の携帯電話に送信します。 署名者はその認証コードをログインページに入力し、署名が必要なドキュメントにアクセスします。  

チャレンジレスポンス認証

ドキュメントを閲覧する前に、署名者に質問を提示

この質問は、送信者が質問を作成するために署名者について何かを知っている必要があることから、「共有の秘密」と呼ばれています。 質問と答えは双方が知っており、事前に選択されています。 よくある質問としては、社会保障番号(SSN)やアプリケーションID番号の下4桁が挙げられます。 署名者は、署名が必要な電子文書へのアクセスを許可される前に、1つ以上の質問に正しく答える必要があります。.

知識ベース認証 (KBA)

署名者の身元を証明するためのダイナミックな「財布の外」の質問

OneSpan Signでは、第三者機関の信用情報機関に接続し、複数の選択肢からなるアンケートをその場で作成し、署名者に提示することができます。 このような財布に入らない質問は、リアルタイムで生成されるため、実際のユーザー以外が正解することは困難です。

Knowledge-based Authentication: An illustration of a purple laptop, with three transparent program windows floating in the air in front of it, each of them progressively becoming more opaque, until a fourth opaque one is revealed.

証明書ベースのID

署名者の身元確認に個人用電子証明書を使用する

OneSpan Signは、信頼できる機関やパートナーが発行したローカルおよびリモートのデジタル証明書を活用して、署名の時点で署名者の身元を確認することができます。 個人の電子証明書を使用して文書に電子署名を行う場合、OneSpan Signは証明書のステータスを確認し、アクションでは署名プロセスを完了するためにPINまたはパスワードが必要となります。

適格なトラストサービスプロバイダー(TSP)が発行した電子証明書を使用すると、欧州連合のeIDAS規則の要件に準拠した適格電子署名(QES)が作成されます。

OneSpan Signに対するお客様の声

顧客の口座開設や利用登録という点で見れば、今の私たちはお客様に首尾一貫したプロセスをご案内できます。 お客様が理解すべき情報を入手したこと、コンプライアンスとKYCの手続きを通過したことが、私たちに分かるのです。 カスタマーエクスペリエンスは、これまでの紙ベースのシステムに比べて、飛躍的に向上すると考えています。

motonovo logo

Dave Briggs氏

モトノボ・ファイナンス最高執行責任者

OneSpan Sign ID認証・普及活動

OneSpanが提供する識別方法

署名用ドキュメントにアクセスする前の署名者の識別

  • ID認証
  • バイオメトリクス認証
  • 電子メール
  • SMS OTP
  • Q&A
  • 知識ベース認証(KBA)
  • シングルサインオン(SSO)

信頼できるパートナーが提供する識別方法

ローカルおよびリモートのデジタル証明書を用いた署名時点での署名者の識別

  • 米国政府のスマートカード
  • ヨーロッパのID
  • TSP(Trust Service Provider)パートナーによる証明書ベースのID。 Qualified E-Signaturesについてはこちらをご覧ください。

OneSpan Signのプランには、ID認証オプションが追加されています。

あなたのビジネスに最適なオプションを見つけるために、今すぐお問い合わせください。
 

*2020 Cornerstone Advisors Research Report
**Gartner Market Guide for Identity Proofing and Affirmation, 2020

本サイトに掲載された情報は情報提供を目的としており、法的なアドバイスではありません。 独立した専門家による助言をお求めください。 OneSpanはこれらの資料の内容に対する責任を負いません。