適格な電子署名(QES)

署名プロセスと法令遵守が最高レベルの執行可能性と信頼を必要とする場合

eIDAS規制

eIDAS規制は、EU全体で電子署名の国境を越えた認識を促進します

国内市場における電子取引のための電子識別および信頼サービスに関する2014年の規制(eIDAS)は、電子署名に関する指令1999/93 / ECに代わり、2016年7月1日に欧州連合全体で施行されました。指令とは異なり、eIDAS規制は各EU加盟国に等しく適用されます。

eIDASは3つのレベルの電子署名を識別します。

  1. 単純な署名
  2. 高度な署名  
  3. 適格署名(QES)

eIDASは、EU全体でQESの承認を促進します。また、クラウドベースの署名を適格署名にすることができることも確認します。 

電子署名

3つの標準フォーマット

standard e signature white
標準電子署名(SES)

これが最も簡単な形式の電子署名です。SESは手書きの署名の電子的同等物であり、第三者による検証は必要ありません。

advanced e signature white
高度な電子署名(AES)

AESは、公開鍵暗号(PKI)を使用して作成されたSESのより安全な形式です。

各ユーザーには、一意のPKI署名キーと関連するデジタル証明書があります。この証明書は署名者に一意にリンクされており、個人のデジタルIDとして機能します。証明書は、作成される各署名に埋め込まれます。

署名鍵は秘密であり、署名者の唯一の管理下にあります–実際には、鍵は認証と承認の確認後にのみアクセスできます。

さらに、署名後にデータが改ざんされていないかどうかを確認するために、AESを関連するデータにリンクする必要があります。データが変更されている場合は、署名を無効にする必要があります。

qualified e signature white
認定電子署名(QES)

適格な電子署名は、紙のウェット署名と同等です。これは、信頼されたQES作成デバイスによって作成されたAdvanced Electronic Signature(AES)に基づいています。

デジタル証明書は、資格のある信頼サービスプロバイダーによって発行され、署名者の身元の証明として機能する電子署名の信頼性を証明する必要があります。

適切なソリューションの選択

ユースケースに最も適したタイプの署名を選択することは、アクセシビリティ、使いやすさ、署名者の保証、リスク軽減の間のバランスをとることです。

standard Esignature
標準電子署名(SES)
  • 登録不要
  • 認証はオプションです
  • 顧客体験の最適化と市場投入までの時間
advanced esignature
高度な電子署名(AES)
  • 国際基準に依存
  • デジタルIDと多要素認証を組み込んでいます
  • 立証責任はビジネスにあります
qualified esignature
認定電子署名(QES)
  • 特定の使用例では、法律は適格な電子署名の使用を要求しています
  • 本人確認が必要
  • 証明の負担は署名者にあります

OneSpanは、標準、高度、および認定された電子署名のソリューションを提供します。

単一のプラットフォームでシームレスかつ安全な署名エクスペリエンスを提供し、オフィスがどこにあっても地域の規制へのコンプライアンスを促進します。

コンプライアンス

トランザクションはグローバル、信頼はローカル

OneSpan Signは、Trust Service Providersからの証明書をサポートして、次のことを行います。

グローバルおよびローカルの規制へのコンプライアンスを促進する

OneSpanの適格署名は、世界中で最も厳しい法的要件に準拠することを目的としています。適格トラストサービスプロバイダーとのパートナーシップを通じて、適法に拘束力のある適格電子署名を促進します。

eIDASコンプライアンスの促進

OneSpanは、認定信頼サービスプロバイダー(TSP)と提携して、eIDAS規制に準拠した信頼できるデジタル証明書を提供します。私たちのパートナーはEU信頼リストに登録されており、EUのすべての加盟国で国境を越えた電子署名の承認を可能にします。

署名プロセス

適格な電子署名-署名プロセス

OneSpanを選ぶ理由

グローバルおよびローカルの規制へのコンプライアンスを促進する単一のソリューション

単一のプラットフォームでシームレスで安全な署名エクスペリエンスを提供し、オフィスがどこにあっても、現地の規制(eIDAS、Govtechなど)へのコンプライアンスを促進します。ローカルトラストサービスプロバイダーとのパートナーシップにより、お客様は、複数のポイントソリューションを統合、管理、維持する必要なく、必要なあらゆる種類の署名(標準、高度、認定)を統合できます。 

包括的な監査証跡

OneSpan Signを使用すると、包括的な監査証跡と改ざん防止用署名のおかげで、紙面よりも強力な証拠を取り込んで再現することにより、組織の法的およびコンプライアンスの立場を強化できます。

さまざまな導入オプション

ファイアウォールの背後にあるパブリッククラウド、プライベートクラウド、またはオンプレミスにOneSpan Signを展開します。グローバルデータセンターで国内データの居住要件を満たします。

 

 

 

セキュリティと信頼は私たちのビジネスの中心です

OneSpanは、デジタルセキュリティおよび電子署名ソリューションのグローバルリーダーです。ITセキュリティセグメントにおける私たちの経験は、信頼と自信を持って当社のソリューションを使用してデジタルで取引できるパートナーと顧客にとって真の資産です。

今日から始めましょう

すべての署名ニーズに対応する、直感的で柔軟な電子署名プラットフォームによるコンプライアンスの強化

このドキュメントに含まれる情報は、情報提供のみを目的としており、発行日現在の状態で提供されており、法的助言として、または法律が企業や組織にどのように適用されるかを判断するために信頼されるべきではありません。事業または組織に具体的に適用される法律、およびコンプライアンスを確実にする方法について、弁護士に相談することをお勧めします。