Risk Analytics(リスク アナリティクス)の機能

Reduce-Account-Takeover-Fraud-Gray

不正検知と防止

口座乗っ取りを減らす

予め構築されたルールとポリシーは設定変更も可能で、例えば下記のような未承認の不正な変更を防ぐのに役立ちます。 

  •  新規振込先の作成
  •  フィッシング攻撃、ソーシャルエンジニアリングなどによるユーザーアカウントの登録情報変更 
  •  送金手続き  
     

デバイスの信頼性をモニタリング

  • 既知のユーザーや不明なユーザーが新しいデバイスを利用した場合、先を見越して確認 
  • 信頼性の判定のため、デバイスの相関とデバイスの位置情報や利用パターンのとマッピングを自動化
  • デバイス、アプリケーション、そしてモバイルデバイスと金融機関の間タのトランザクションデータに関するセッションベースのトランザクションリスク分析 

トランザクションの不正モニタリング

  • リスクのあるモバイルデバイスのモニタリングにより、トランザクションデータや送金先の支払い履歴に基づいて、不正な取引を特定 
  • ルール定義のカスタマイズにより、銀行は取引ルールや方針を定め、既知の不正や新たに出現した詐欺の特定が可能になります。
     
PSD2-Gray

PSD2(欧州決済サービス指令第2版)への準拠

リスクの高いモバイルデバイスのモニタリング

リスクのあるモバイルデバイスのモニタリングによって、トランザクションデータや送金先の支払い履歴に基づいて、不正な取引を特定します。

マルウェアのアクティビティをモニタリング

マルウェアのアクティビティのモニタリングは、トランザクション、ログイン、登録、住所変更などの注意が必要な操作とそれ以外のさほど注意の必要がない操作においてマルウェアの兆候を分析します。

継続的なリスクモニタリング

多層構造のモニタリングがデバイス、アプリケーション、行動、履歴データやデジタルチャネルの分析、サーバーサイド分析を実施します。

予め設定されたルールとポリシー

予め構築されたルールとポリシーは設定変更も可能で、PSD2への準拠を効率化して確実なものにします。

カスタム可能なレポート機能

カスタム可能なレポート機能により、企業は監査人に対してPSDへの準拠を証明できます。

Visuals-Analytics-Gray

視覚的分析

デジタルチャネルの統一

デジタルチャネルの統一により、すべてのトランザクション、不正や攻撃と考えられる試み、怪しい行動の情報を自動的に集約して監視します。

ウェブベースのケース管理

OneSpan Risk Analytics(ワンスパン リスク アナリティクス)はリスクの高いトランザクションの中央集中型のケース管理を提供します。アナリストはUIひとつで、不正のケースを開いて確認し、主となる不正のサインを次のようなコンテキストで分析します。 

  • IPアドレス
  • 関連性
  • デバイス 
  • 位置情報
     

不正を視覚化するツール

インタラクティブな不正視覚化ツールで、不正の可能性がある取引の発生源、標的、デバイスおよび位置情報を素早く特定します。

deployment options

デプロイ

パブリッククラウド

OneSpan リスク アナリティクスのインスタンスは、高可用性、日次バックアップ、災害復旧(オプション)、24時間モニタリング、侵入防止など最新の機能やセキュリティアップデートを活用したパブリッククラウドでホストされます。各テナントが完全に暗号化され、個人を特定できる情報をオンデマンドで削除する簡単な手順を提供することで、GDPRへの遵守を徹底します。

オンプレミス

OneSpan リスク アナリティクスのインスタンスはファイアウォール内のお客様自身のサーバー上でホストされます。既存のリソースやセキュリティ管理を生かして、企業のセキュリティーポリシーに準じます。既存のインフラストラクチャに、最高のネットワーク性能を提供します。

Intelligent-Automation-Gray

インテリジェントに自動化

機械学習に基づいたリスク分析

機械学習に基づいたリスク分析は、不正対策アナリストの確認を必要とする不正ケースの数をぐっと減らします。これにより、不正監視に必要なリソースを削減することができます。

自動化された不正アラート

自動化された不正アラートは、不正対策アナリストが適宜確認できるよう、不正と考えられるイベントを前広に特定して示します。

ウェブベースのケース管理

あらゆるハイリスクトランザクションの中央集中型ケース管理-すべてを単独のユーザーインターフェース内で管理

advanced security gray

シームレスなセキュリティ

機械学習とデータモデル

リアルタイムの機械学習とデータモデルによって、誤検知(過剰検知)の発生をが抑えながら、リスクベース分析は不正な取引をもっと迅速に低減するお手伝いをします。

自動化されたリスクのプロファイリング

自動化されたリスクプロファイリングはユーザー、アプリケーション、トランザクションデータを分析し、通常のスコープやコンテキストパターンとは異なるトランザクションを特定します。