アナリストレポート

アプリ内保護の市場ガイド2019

Gartner

Relatório de analista
このリソースは英語でのみ利用可能です

モバイルデバイスの使用が拡大するにつれて、モバイルチャネルは悪意のある攻撃者にとってますます魅力的なターゲットになっています。しかし、金融機関や他の組織は、この傾向に対抗するための行動を取ることができます。ガートナーは、「2022年までに、アプリ内保護を使用して、クリックジャッキングおよびモバイルアプリに対する攻撃の成功の少なくとも50%を防ぐことができた可能性がある」と予測しています。

ガートナーは、アプリケーションシールドに関するマーケットガイドの範囲を拡大し、アプリ内保護と呼ばれる、より包括的なアプリセキュリティ機能のセットをカバーしています。この拡張された範囲は、今日のモバイルアプリケーションセキュリティにおける課題と機会の全体像を提供します。 

アプリ内保護のガートナーマーケットガイドは、アプリケーションセキュリティ分野の主要プロバイダー、およびモバイルビジネスアプリを保護するために必要な機能について学ぶための最も信頼できるリソースです。

学ぶためにこのガイドにアクセスしてください:

  • アプリ内保護機能の3つのカテゴリ 
  • ソリューション間の直接的な機能比較により、市場の最前線に立つ19のベンダー
  • セキュリティと開発サイクルのバランスを取るという課題に対処する方法
  • アプリ内保護テクノロジーの最適な使用例
  • 以下のような機能の定義:
    • コード難読化
    • ホワイトボクシングとホワイトボックス暗号化
    • デバッガーとエミュレーション検出
    • アンチボットとクリックジャッキング保護
    • ランタイムアプリケーション自己保護(RASP)

このレポートを今すぐダウンロード>>

 

Gartner、アプリ内保護のマーケットガイド、2019年7月3日、Manjunath Bhat、Dionisio Zumerle。

ガートナーは同社の研究刊行物に記されたいずれのベンダー、製品、またはサービスを推薦する意図はなく、また技術ユーザーに最高評価あるいはその他指定のベンダーのみを選択することを推奨していません。ガートナーの研究刊行物はガートナーの研究組織の意見で構成され、事実の記述として解釈されるべきものではありません。ガートナーは明示的または黙示的を問わず、商品性あるいは特定の目的への適性のいかなる保証も含み、当研究に関するいかなる保証も放棄します。