CASE STUDY

ソニー銀行が、日本のインターネット銀行で 初めてOneSpanのソリューションを導入

業界随一の顧客満足度を誇るソニー銀行は、インターネットバンキングサービスをOneSpanの堅牢なセキュリティで守っています。

sonybank.png

要約

導入目的
  • 不正送金対策の強化
チャレンジ
  • 顧客利便性とセキュリティを両立させること
  • テクノロジーや製品の成長性・可拡張性の見極め
結果および効果
  • 障害やトラブルなく稼働するサーバテクノロジーで、不正送金リスクを確実に低減できた
  • ソニー銀行のセキュリティに対する評価が向上した

知識認証へ不安を感じ、OneSpanのワンタイムパスワードを導入

ソニー銀行は開業以来、「フェアである」ことを第一とする顧客目線のアプローチで、インターネット銀行の中でも確固たる地位を築いてきました。近年は外部機関の調査において、極めて高い顧客満足度評価を獲得しています。

2001年の開業以来、インターネット上のサービスサイト“MONEYKit”における取引は知識認証(固定パスワード)を中心とした認証により行われてきました。しかしオンラインバンキング市場は、巧妙化する不正や詐欺との絶え間ない戦いの場でもあり、インターネット銀行という業態上、セキュリティへの取り組みも顧客の信頼を得る大きなポイントになります。フィッシング詐欺が巧妙化し、認証強度への不安が日々高まる中、ソニー銀行は日本のインターネット銀行として初めて、かつ邦銀市場でもいち早くOneSpanのDIGIPASS製品およびVACMAN Controllerを導入することを決定した経緯があります。

Taking Advantage of Product Expandability

他社を圧倒する機能・仕様・ラインナップが決め手

ソニー銀行は、顧客にトークンを保有させることで所持認証が行えることと、パスワード窃取による不正を防止するために、ワンタイムパスワードの導入を決定しました。開発および製品選定の担当者であったシステム企画部 シニアマネージャーの大川氏は、OneSpanに決めた理由を次のように説明します。「製品選定にあたって、実績が豊富で、コストパフォーマンスに優れるという点はもちろん重要でした。しかし実際に製品をいくつか比較してみると、機能面、セキュリティの仕様、製品ラインナップ、将来的な拡張余地など、あらゆる面においてOneSpanの製品は他社製品より圧倒的に優れていました。お客様に日頃お持ちいただくものなので、デザインをフルカスタマイズできた点も好印象でした。お客様にもご好評いただいています。」

システム企画部 マネージャーの隅本氏は「VACMAN Controllerは、2012年のサービス開始から今日に至るまで、障害や問題も一切発生していません。」と、そのサーバ認証テクノロジーの安定性を評価しました。「開発者向けトレーニングを実施していただき、実装後のレビューで正しく利用できているか確認もできたので、インプリは極めてスムーズでした。導入時から運用、アフターフォローまで、非常に手厚くサポートしていただいています。」

ソニー銀行では、 “MONEYKit”における重要取引時の認証や各種サービスでOneSpan製品を利用しています。顧客に負担感を与えないようセキュリティレベルを精査して運用することで、セキュリティの向上とユーザビリティのバランスをとっています。

Sony Bank

可拡張性の高さを生かして

OneSpanのワンタイムパスワードソリューションを導入したことで、ソニー銀行のセキュリティに対する市場の評価も向上しました。今後の展望について、プロジェクトを統括した執行役員(システム企画部担当)の福嶋氏は次のように述べています。「当時は、ソフトウェアトークンをインストールしたデバイスが乗っ取られる危険性に鑑みて、ハードウェア製品でスタートすることをはっきり決めていました。しかしこの4年弱の間でテクノロジーも進化し、OneSpan製品のようにスマートフォン用のアプリケーションでもデバイスのリスク解析が可能になってきています。ソリューションの革新性や将来性を生かし、またお客様の利便性も考えて、最新式のセキュリティ製品の導入も検討しています。」

Sony Bank Digipass

ソニー銀行株式会社について

ソニー銀行株式会社は個人のお客さまを対象に利便性と質の高い商品・サービスを提供するインターネット銀行です。

2001年の開業以来、「フェアである」を企業理念に掲げ、外貨預金や住宅ローンなど多様な金融ニーズにお応えしています。外部機関が実施する顧客満足度調査においても高い評価を獲得しています。

Download PDF