ウェブキャスト

バイオメトリック認証:エンゲージメントの向上とセキュリティの向上のための神話の破壊

Miniatura
このリソースは英語でのみ利用可能です

プレゼンター:

  • One Span、シニアプロダクトマーケティングマネージャー、Sam Bakken

どこでも最高のユーザーエクスペリエンスが、どこにでも基準を設定します。ユーザーはセキュリティの向上を要求しますが、ログインの容易さを犠牲にすることはありません。  開発者は、より質の高いユーザーエクスペリエンスを提供しながら、アプリケーションに対する消費者の信頼を高めようとしています。パスワードはもはや受け入れられる標準ではありません。それらは静的で、簡単にハッキングされ、覚えにくく、侵害の可能性を高めます。

生体認証は、認証の基礎として各個人の生理学的および行動的特性を使用します。これは、指紋スキャンや音声または顔認識などのテクノロジーに反映されています。従来のパスワードは時代遅れになるはずであることに多くの人が同意していますが、プライバシー侵害、セキュリティリスク、および正確さのレベルに関する一般的な誤解は、生体認証をより広範囲に検討する必要があるときに、普及を妨げる可能性があります。

このウェビナーでは、モバイルセキュリティの専門家が、文字通り、生体認証に関する最も一般的な神話を分析します。

主なトピックは次のとおりです。

  • 生体認証のエラー率と信頼レベル
  • 未知のユーザーに生体認証を使用する
  • プライバシーの懸念と個人データの共有