高度な機能

一括送信、アクセス委任、ドキュメントの可視性、ファストトラック、eNotary、およびテキストタグの詳細については、電子署名の使用方法を強化してください

一括送信

多くの受信者が関与するトランザクションの署名プロセスを自動化します

 

ステップバイステップの説明

ステップバイステップの説明

1)非開示フォームなど、署名のために頻繁に送信するドキュメントのテンプレートを作成します


2)ダッシュボードで[新しいトランザクション]ボタンをクリックします

BULK-Step1

 

3)取引の名前を入力します。次に、署名用に送信するドキュメントのテンプレートを選択します。

BULK-Step2

 

4)次に、ドキュメントに署名する必要がある受信者の名前を含む.CSVファイルをアップロードします。「送信」をクリックします。

BULK-Step3

 

5)取引が受取人に送信されます。各受信者は、ドキュメントに署名する必要があることを示すメールを受信します。署名されると、各受信者からドキュメントの一意のコピーを受け取ります。

 

よくある質問

一括送信はOneSpan Signアカウントに含まれていますか?

一括送信は、OneSpan Signのアドオン機能として利用できます。お問い合わせ顧客成功担当者一括送信の詳細については、

一括送信とファストトラックの違いは何ですか?

一括送信とファーストトラック署名のためにドキュメントを大量の受信者に送信する時間と手作業を短縮することにより、電子署名プロセスを自動化するという同じ目標を達成します。どちらの機能も、OneSpan Signのテンプレートベースのトランザクションを利用します。

これら2つの機能の主な違いは、ドキュメントが受信者に配信される方法です。ファーストトラック単一のURLを介してオンデマンドで署名のトランザクションを生成および送信できます。多数の受信者にURLを配布するか、URLをWebサイトまたはポータルに埋め込んで、電子署名プロセスを自動化できます。プログラミングや統合は必要ありません。一方、一括送信では、目的の受信者のリストをアップロードして、OneSpan Signインターフェースから直接、署名用のトランザクション内のドキュメントを送信できます。さらに、次を使用して署名者のIDを検証するオプションもあります。認証方法 Q&AやSMSなど。

受信者ごとに個別に署名されたドキュメントを取得できますか?

はい。.CSVファイルの各受信者は、署名するための自分のドキュメントを受け取ります。トランザクションが完了すると、受信者ごとに個別の電子署名付きドキュメントが生成されます。

受信者ごとに異なる認証方法を割り当てることはできますか?

はい。.CSVファイルでは、「AUTH_TYPE」に割り当てられる値は、目的の認証方法を示すために、NONE、CHALLENGE(Q&A)、またはSMS(SMSパスコード)のいずれかである必要があります。を参照してくださいオンラインドキュメント一括送信トランザクションの認証方法を設定する方法の詳細については。

アクセス委任

組織内の他のユーザーに、不在時にOneSpan Signアカウントへのアクセスを許可します

 

ステップバイステップの説明

ステップバイステップの説明

1)ダッシュボードからアカウントの詳細セクションに移動し、[管理者]を選択します。次に、左側のナビゲーションバーから[送信者]を選択します。ここには、組織でOneSpan Signを使用している同僚のリストが表示されます。

AD-Step-1

 

2)トップメニューでアカウントの詳細にアクセスします。[アカウント]を選択し、左側のナビゲーションバーから[委任へのアクセス]を選択します。この画面には、OneSpan Signアカウントを管理する権限を委任するために選択できる同僚のリストが表示されます。同僚を追加するには、[代理人を追加]フィールドをクリックして、OneSpan Signアカウントへのアクセスを許可する人を選択します。この例では、ロバートレイにOneSpan Signアカウントへのアクセスを許可します。「保存」をクリックします。

AD-Step-2

 

3)Robert RayがOneSpan Signアカウントにアクセスできるようになりました。彼女のアカウント内で、右上にある「委任の管理」アイコンをクリックします。「委任の管理」ダイアログボックスで名前を選択し、「管理の開始」をクリックします。

AD-Step-3

 

4)代理人として、Robert Rayはあなたに代わってトランザクションを送信および署名できます。彼女はまたあなたのトランザクションとテンプレートにアクセスできます。

AD-Step-4

 

よくある質問

OneSpan SignアカウントにはAccess Delegationが含まれていますか?

 

はい、そうです!あなたがする必要があるすべては私達に連絡することです支援チームアカウントでこの機能を有効にします。

OneSpan Signアカウントの権限を複数の人に委任できますか?

はい。組織のOneSpan Signアカウントに含まれる管理者のすべての送信者に権限を委任できます。詳細については、OneSpan Sign管理者にお問い合わせください。

アクセスを委任できるユーザーの最大数はありますか?

これは、OneSpan Signサブスクリプションに含まれている送信者の数によって異なります。たとえば、サブスクリプションにアカウントごとに10人の送信者が含まれる場合、10人の送信者すべてにアクセスを委任することができます。

アクセスを委任するユーザーが見つかりません。私は何をしますか?

代理人を追加するには、ユーザーは組織のアカウントの送信者である必要があります。OneSpan Sign管理者に連絡して、任命された代理人が送信者であるかどうかを確認してください。

私の任命された代理人が文書に署名した場合、それらの名前はトランザクションの所有者として表示されますか?

デリゲートによって送信および署名されたすべてのトランザクションを所有します。これは、あなたの名前がトランザクションの送信者および/または署名者として表示されることを意味します。

私の任命された代理人が文書に署名した場合、誰の署名が電子署名された文書に表示されますか?

あなたの任命された代理人があなたのアカウントから電子署名しているので、あなたの署名は電子署名されたドキュメントに表示されます。ただし、証拠概要レポートでは、代理で電子署名する代理人を指名したことが示されます。

OneSpan Sign API / SDKを使用してプログラムでアクセスを委任できますか?

絶対に。 サンプルコード OneSpan Sign Integrator's Guideで利用できます。

ドキュメントの可視性

トランザクションでドキュメントを表示して署名できるユーザーを制御する

 

ステップバイステップの説明

この例では、人事部長のPaulが署名用のドキュメントを採用マネージャー(Charles)と新入社員(Robert)に送信する方法を示します。Paulには、採用マネージャーと新入社員の両方が表示および署名する必要がある人事契約が含まれています。さらに、このトランザクションには、新入社員だけが表示および署名できる給与振込要求フォームも含まれています。

このシナリオでドキュメントの可視性機能を使用する方法を詳しく見てみましょう。

1)最初に、すべてのドキュメントと受信者がトランザクションに追加されていることを確認します。この例では、Charlesが採用マネージャーで、Robertが新入社員です。文書と受信者の準備ができたら、[次へ]をクリックして、署名用に文書を準備します。

DV-ステップ1_0

 

2)署名ブロックをドキュメントに追加します。すべての署名ブロックを追加したら、ドキュメントの表示機能を使用して、このトランザクションでドキュメントを表示して署名できる受信者を指定します。「目」アイコンをクリックします。

DV-ステップ2_0.png

 

3)文書の可視性テーブルが開き、受信者ごとに表示または非表示になっている文書が表示されます。受信者が表示および署名する必要のあるドキュメントにチェックマークを付けるだけです。この例では、採用マネージャーであるチャールズは、HR契約の表示と署名のみを行うことができます。新しい従業員のロバートは、HR契約と給与振込要求を表示して署名できます。「保存」をクリックします。

DV-ステップ3_0.png

 

4)取引を送信する準備ができました。[署名して送信]をクリックして、ドキュメントを署名用にルーティングします。

DV-ステップ4_0.png

 

5)トランザクションを送信すると、受信者は、トランザクションで必要なドキュメントを表示して電子署名するように求めるメールを受け取ります。

 

よくある質問

ドキュメントの可視性はOneSpan Signアカウントに含まれていますか?

 

はい!ドキュメントの表示機能は、すべてのOneSpan Signプランで追加料金なしで利用できます。お問い合わせ支援チームアカウントで機能が有効になっていない場合。

OneSpan Signテンプレートでこの機能を使用できますか?

はい!テンプレートでドキュメントの可視性を使用するプロセスは、この機能を通常のトランザクションで使用する通常のプロセスと同様です。新しいテンプレートを作成する 。名前を入力し、ドキュメントと署名者プレースホルダーをトランザクションに追加します。次に、署名ブロックをドキュメントに追加します。すべての署名ブロックを追加したら、「目」アイコンをクリックして、トランザクションでドキュメントを表示して署名できる署名者プレースホルダーを指定します。[完了]をクリックします。テンプレートを使用するには、[テンプレート]セクションからアクセスします。署名者のプレースホルダーをトランザクションの送信先の受信者に置き換え、[署名に送信]をクリックします。

受信者はトランザクションのすべてのドキュメントをダウンロードできますか?

いいえ、受信者は、トランザクションを表示してサインインできたドキュメントのみをダウンロードできます。たとえば、受信者Aがトランザクションのすべてのドキュメントにアクセスできる場合、受信者Aはすべてのドキュメントをダウンロードできます。一方、受信者Bがトランザクションで3つのドキュメントのうち2つのドキュメントにしかアクセスできない場合、受信者Bはトランザクションから2つのドキュメントしかダウンロードできません。

OneSpan Sign API / SDKを介してプログラムでこの機能を利用できますか?

 

絶対に。 サンプルコード OneSpan Sign Integrator's Guideで利用できます。

ファーストトラック

単一のURLを使用して署名用のドキュメントを配布することにより、電子署名ワークフローを自動化します

 

ステップバイステップの説明

署名URL –知られていない受信者から署名を取得します

1)開始するには、テンプレートライブラリからテンプレートを選択します。この例では、すでに作成した免除フォームを使用します。

 

2)次に、ファストトラックアイコンをクリックして、テンプレートを配布可能なURLに変換します。

ファストトラック-ステップ1_0.png

 

3)[ファストトラック]ダイアログボックスが表示されます。

ファストトラック-ステップ2_0.png

 

4)署名URLと送信URLの2つのオプションから選択できます。これらの両方のシナリオについて詳しく説明します。

 

署名URLは、トランザクションに署名者が1人しか含まれていない場合に最適です。さらに、署名URLをWebサイトに埋め込んで、プログラミングや統合作業なしで、複数の受信者から簡単に署名を取得できます。

 

権利放棄フォームの署名URLリンクをコピーして貼り付け、目的の受信者への電子メールに含めます。

 

ファストトラック-ステップ3_0.png

 

5)次に、受信者はURLをクリックすると、フォームベースのWebページが表示され、姓、名、および電子メールアドレスを入力するよう求められます。

ファストトラック-ステップ4_0.png

 

6)必要な情報を送信すると、署名エクスペリエンスに誘導されます。ドキュメントを確認し、必要なフォームフィールドに入力して、電子署名することができます。

ファストトラック-ステップ5_0.png

 

 

ファストトラック-ステップ5_1.png

送信URL –既知の受信者から署名を取得します

7)2番目のシナリオでは、ファストトラックで送信URLを使用します。送信URLは、トランザクションに複数の署名者が含まれる場合に最適です。次の例では、不動産業者がファストトラックを使用して、代理店開示フォームに共同署名するために必要な2つのクライアントがどのように使用できるかを示します

ファストトラック-ステップ6_0.png

 

8)不動産業者はフォームベースのWebページに必要な署名者情報を入力するだけです。その後、情報を送信します。トランザクションはすぐに署名者に送信され、代理店開示フォームに電子署名するよう招待されます。

ファストトラック-ステップ7_0.png

 

9)受信者は、署名するドキュメントにアクセスするための招待メールを受け取ります。文書を確認してから電子署名することができます。

 

よくある質問

Fast TrackはOneSpan Signアカウントに含まれていますか?

ファストトラックは、OneSpan Signのアドオン機能として利用できます。お問い合わせ顧客成功担当者 Fast Trackの詳細については、

ファストトラックと一括送信の違いは何ですか?

一括送信 Fast Trackは、署名のためにドキュメントを大量の受信者に送信する時間と手作業を短縮することにより、電子署名プロセスを自動化するという同じ目標を達成します。どちらの機能も、OneSpan Signのテンプレートベースのトランザクションを利用します。

これら2つの機能の主な違いは、ドキュメントが受信者に配信される方法です。

ファストトラックを使用すると、署名のトランザクションを生成して、単一のURL経由でオンデマンドで送信できます。多数の受信者にURLを配布するか、URLをWebサイトまたはポータルに埋め込んで、電子署名プロセスを自動化できます。プログラミングや統合は必要ありません。

一括送信一方、目的の受信者のリストをアップロードし、OneSpan Signインターフェースから直接署名用のトランザクション内のドキュメントを送信できます。さらに、次を使用して署名者のIDを検証するオプションもあります。認証方法 Q&AやSMSなど。

FastTrackを使用してトランザクションを送信できる受信者の最大数はいくつですか?

Fast Trackは、無制限の受信者に使用できます。

受信者ごとに個別に署名されたドキュメントを取得できますか?

はい。各受信者は、署名するための自分のドキュメントを受け取ります。トランザクションが完了すると、受信者ごとに個別の電子署名付きドキュメントが生成されます。

署名URLと送信URLの違いは何ですか?

署名URLは、トランザクションに署名者が1人しか含まれていない場合に最適です。さらに、署名URLをWebサイトに埋め込んで、プログラミングや統合作業なしで、複数の受信者から簡単に署名を取得できます。

送信URLは、トランザクションに複数の署名者が含まれる場合に最適です。たとえば、不動産業者は、エージェンシー開示フォームに共同署名するために必要な2つのクライアントでFast Trackを使用できます。

eNotary

紙の手間をかけずに公証プロセスを合理化

 

ステップバイステップの説明

ステップバイステップの説明

1)まず、サポートチームに連絡して、アカウントでeNotary機能が有効になっていることを確認します。開始するには、管轄区域、ライセンス番号、ライセンスの有効期限などの情報を提供する必要があります。

My-Account-e-Notary.png

 

2)文書を電子的に公証するために、公証人は通常、対象の署名者と直接会って、文書を確認して署名します。

 

まず、OneSpan Signアカウントにログインし、[新しいトランザクション]を選択します。

 

eN-Step-2.png

 

3)次に、取引の名前と簡単な説明を入力します。

 

[詳細設定]セクションで、[公証を有効にする]を選択します。

 

[作成]ボタンをクリックして続行します。

 

eN-Step-3.gif

 

4)次に、トランザクションにドキュメントを追加します。「追加」ボタンをクリックしてドキュメントをアップロードします。

eN-Step-4.gif

 

5)次に、自分をトランザクションに追加します。名前の横に公証バッジが表示されます。これは、指定したトランザクションの公証人であることを示しています。バッジアイコンをクリックします。

 

署名者をトランザクションに追加します。

 

「次へ」をクリックして、署名と公証のためにドキュメントを準備します。

 

eN-Step-5.gif

 

6)次に、署名フィールドを追加します。署名フィールドをドキュメントにドラッグアンドドロップするだけです。

 

公証人の管轄区域、ライセンス番号、ライセンスの有効期限に関連する情報など、公証人に指定された追加のフィールドがあることに気づくでしょう。公証人の情報を単一のフィールドに自動的に生成するシールフィールドもあります。

 

すべての署名ブロックが追加されると、トランザクションを送信する準備が整います。[署名して送信]をクリックします

 

eN-Step-6.png

 

7)これは対面の署名シナリオであるため、公証人として、署名セッションを開始する署名者に制御を渡します。ドロップダウンメニューから署名者の名前を選択します。

 

署名者のチャールズは、[続行]をクリックして、確認が必要で署名が必要なドキュメントにアクセスします。

 

eN-Step-7.gif

 

8)署名者が署名プロセスを完了すると、公証人であるポールがコントロールを取り戻し、署名を適用して文書を公証できるようになります。

 

eN-Step-8.gif

 

 

eN-Step-9.gif

 

9)署名が完了すると、書類に公証印が付けられます。シールには、名前、免許番号、免許の有効期限、管轄など、公証人に関する重要な情報が記載されています。

eN-Step-10.gif

 

よくある質問

eNotaryはOneSpan Signアカウントに含まれていますか?

はい!eNotary機能は、すべてのOneSpan Signプランで追加料金なしで利用できます。アカウントで機能を有効にするには、サポートチームにお問い合わせください。管轄区域、ライセンス番号、ライセンスの有効期限などの情報を提供する必要があります。

OneSpan Sign eNotaryはどの州で利用できますか?

OneSpan Signは、承認された管轄区域のeNotaryをサポートしています。電子公証を使用できるかどうかについては、電子公証法を参照してください。

電子ジャーナルとは何ですか?

電子ジャーナルは、公証人が保管する紙のジャーナルに相当します。これは公証人が行った公証人法の公式記録であり、オンラインで閲覧したり、エクスポートしたりできます。

テキストタグ

ドキュメントにテキストタグを配置して、署名とフィールドを自動的に抽出する

 

ステップバイステップの説明

ステップバイステップの説明

1)まず、サポートチームに連絡して、アカウントでテキストタグ機能が有効になっていることを確認します。

 

2)[新しいトランザクション]をクリックして、トランザクションの名前を入力します。[作成]ボタンをクリックして続行します。

TT-Step-1.gif

 

3)次に、トランザクションに受信者を追加しましょう。

TT-Step-2.gif

 

4)次に、トランザクションにドキュメントを追加します。

TT-Step-3.gif

 

5)文書の適切な場所にテキストタグが含まれていることを確認します。テキストタグは、プレースホルダーとして機能するテキストの文字列またはテキストの規則であり、ドキュメント内の署名とフィールドが配置される場所を示します。あなたはテキストタグパターンのリストを見つけるでしょうドキュメント。

TT-Step-4.gif

 

6)「次へ」をクリックします。ドキュメントがアップロードされると、OneSpan Signはそれを分析し、すべてのテキストタグパターンを事前定義された場所の適切な署名とフィールドに置き換えます。

TT-Step-5.png

 

7)これで、トランザクションを送信する準備ができました。[署名して送信]をクリックして、署名用にドキュメントを配布します。

TT-Step-7.png

 

8)さらに、テキストタグと同様に、PDFドキュメントに配置されたフォームフィールドから署名とフィールドを抽出することもできます。サポートチームに連絡して抽出機能を有効にし、フォームフィールドを使用して同じ手順に従って、署名とフィールドをドキュメントに自動的に配置するだけです。

TT-Step-8.png

 

 

よくある質問

テキストタグとAcrobatフィールドの機能はOneSpan Signアカウントに含まれていますか?

はい!これらの機能は、すべてのOneSpan Signプランで追加料金なしで利用できます。アカウントで機能を有効にするには、サポートチームにお問い合わせください。

ドキュメントに追加するテキストタグを作成するにはどうすればよいですか?

OneSpan Signは、テキストタグを作成するときに、一連の定義済みパターン(または「パラメーター」)を使用します。私たちをご覧くださいテキストタグパラメータテーブルドキュメントに必要なテキストタグを作成するのに役立ちます。

OneSpan Sign API / SDKを介してこれらの機能をプログラムで利用できますか?

絶対に。 サンプルコード OneSpan Sign Integrator's Guideで利用できます。