電子署名の基本

OneSpan Signを使用してドキュメントを送信および署名する方法の詳細

集中管理パネルでは、組織全体のOneSpan Signアカウント全体を制御できます。

ステップバイステップの説明

ステップバイステップの説明

1)組織のOneSpan Signアカウントの管理者である場合は、トップメニューから[管理]セクションにアクセスできます。メインの管理画面から、組織全体のアカウント情報に簡単にアクセスして管理できます。

GSステップ1

 

2)[サブスクリプション]セクションから、アカウントに含まれるドキュメントの量、受信者の数、署名などのOneSpan Signプランの詳細を表示できます。アカウントに追加できる送信者の数に関する情報も表示されます。

GSステップ2

 

3)OneSpan Signと統合された顧客の場合、「統合」セクションでは、トランザクションで発生するイベントに関する通知を設定できます。フィールドにコールバックURLとコールバックキーを追加するだけで、イベント通知を設定できます。この画面から特定のイベント通知を有効にするオプションがあります。[保存]をクリックして変更を保存します。

GSステップ3

 

4)[送信者]セクションでは、組織内から送信者を招待してOneSpan Signユーザーにすることができます。[メールで招待]フィールドにメールアドレスを入力し、封筒のアイコンをクリックします。

GSステップ4

 

5)組織のメンバーの名前をクリックして署名権限を委任し、チームメンバーに署名権限を割り当てます。[代理人の割り当て]オプションをクリックします。例として、ジョンが不在の場合、ジョンが不在の間にロバートにアカウントを管理する権限を付与できます。

gs step5

 

6)組織のメンバーのパスワードをリセットしたり、不在時に他のメンバーに管理者権限を付与したり、送信者をロックしたり、アカウントから送信者を削除または一時停止したりすることもできます。

gs step6

 

7)組織が頻繁に取引を人々のグループに送信する場合、「グループ」セクションでは、組織内に個人のグループを作成できます。グループメンバーは、メインアカウントの送信者である必要があります。「新しいグループ」ボタンをクリックするだけです。ダイアログボックスで、グループ名を入力し、グループに含めるメールアドレスを入力します。トランザクションが受信者のグループに送信される場合、グループの受信者の1人がトランザクションを完了するために、グループに代わってトランザクションに電子署名します。

gsステップ7

 

8)[カスタムフィールド]セクションで、署名フィールドオプションとして含める新しいフィールドを追加できます。追加すると、電子署名のトランザクションを準備するときに新しいカスタムフィールドにアクセスできます。

gsステップ

 

9)基本的なアカウント情報については、トップメニューから[マイアカウント]を選択します。ここでは、名前、会社情報、電話番号、住所などの個人情報を編集できます。パスワードを変更したり、手書きの署名を作成したりすることもできます。

gs steps9

 

追加のリソース

手書きの署名を作成して保存する

アカウント所有者は、再利用可能な手書きの署名を作成して自分のアカウントプロファイルに保存できます

ステップバイステップの説明

ステップバイステップの説明

 

1)ダッシュボードから、トップメニューの[マイアカウント]セクションにアクセスします。

 

HS-Step-1.gif

 

 

2)[アカウント]画面で、左側のナビゲーションメニューから[署名]を選択します。

 

HS-Step-2

 

 

3)「署名の作成」ブロックで、マウスを使用して署名を描画します。間違えた場合は、「クリア」をクリックしてブロックをリセットします。手書きの署名に満足したら、[保存]をクリックします。

 

HS-Step-3

 

 

4)さらに、タブレットまたはスマートフォンから、指またはスタイラスを使用して手書きの署名を作成するオプションがあります。スマートフォンまたはタブレットからOneSpan Sign Webアプリケーションにアクセスするだけで、手書きの署名を作成して保存できます。

 

HS-Step-4

 

 

5)手書きの署名が必要なドキュメントに署名するときは、署名ブロックをクリックするだけです。手書きの署名はドキュメントに自動的に適用されます。署名するたびに手書きの署名を作成する必要はありません。

 

HS-Step-5

 

追加のリソース

ドキュメントを送信する

電子署名用のドキュメントを安全に送信する

ステップバイステップの説明

ステップバイステップの説明

1)右上隅にある[新しいトランザクション]ボタンをクリックします。

SENDステップ1

 

2)取引のタイトルを入力します。[作成]ボタンをクリックします。

送信ステップ2

 

3)署名が必要なドキュメントと受信者を追加します。「次へ」ボタンをクリックします。

送信ステップ3

 

4)受信者が署名できるように、ドキュメントの目的の場所に署名ブロックを追加します。署名ブロックを左側からドキュメントにドラッグアンドドロップするだけです。[署名して送信]ボタンをクリックして、ドキュメントを署名用にルーティングします。

SENDステップ4

 

よくある質問

OneSpan Signを使用して電子署名用に送信できるドキュメント形式は何ですか?

OneSpan Signは、.pdf、.doc、.docxおよび.odtのドキュメント形式をサポートしています。また、Windowsアプリケーション(.xls、.xlsx、.ppt、.pptxなど)から印刷できるドキュメントもサポートしています。 OneSpan Sign印刷ドライバー

ドキュメントのサイズに制限はありますか?

各ドキュメントの最大サイズは10MBです。

ドキュメントとトランザクションの違いは何ですか?

トランザクションは、署名用の1つ以上のドキュメントを受信者に送信するために使用されるコンテナです。トランザクションには複数のドキュメントを含めることができ、複数の受信者に送信できます。ドキュメントは複数のページを持つこともできます。

大量(つまり、数百人)の受信者が関与するトランザクションの署名プロセスを自動化するにはどうすればよいですか?

と呼ばれるアドオン機能を提供します一括送信これにより、受信者の.csvファイルをアップロードし、署名のトランザクションをそのリストの受信者に送信できます。

ファーストトラックは、署名のために大量の受信者にドキュメントを配布できるようにするアドオン機能でもあります。ファーストトラックは、Webサイトまたは電子メールに埋め込むことができる専用のURLを提供します。これにより、テンプレートベースのトランザクションの署名プロセスを自動化できます。

お問い合わせ顧客成功担当者詳細について一括送信そしてファーストトラック

受信者が電子署名したドキュメントをいつ知ることができますか?

署名が完了すると、確認用の電子メールと、記録用にダウンロードできる署名済みドキュメントの.PDFが届きます。最終的な署名済み文書には、埋め込まれた監査証跡と、署名者、署名の順序、日時、場所を詳細に示す個別の証拠要約レポートが含まれます。

送信者がOneSpan Signアカウントで直接ドキュメントに署名している場合、[最近のトランザクション]メニューからトランザクションのステータスを表示できます。

ドキュメントの電子署名(電子メールから)

OneSpan Signを使用してドキュメントをすばやく簡単に電子署名する

ステップバイステップの説明

ステップバイステップの説明

1)署名者として、署名の電子メールリクエストを受け取ります。リンクをクリックして、メールからドキュメントにアクセスします。

Acmeスクリーン

 

2)次に、ESIGN Disclosures and Consent文書を読んで受け入れるように求められる場合があります。チェックボックスをオンにしてドキュメントの条件を読んだことを確認し、[同意する]ボタンをクリックします。

SIGNステップ2

 

3)署名が必要なドキュメントが表示されます。時間をかけてドキュメントを確認してください。 

左側のメニューには、署名が必要なトランザクション内のドキュメントの数が表示されます。この例では、トランザクションに2つのドキュメントがあり、署名が必要です。 

SENDステップ3

 

4)ドキュメントに電子署名するには、署名ボックスをクリックします。文書への署名が完了したら、[確認]ボタンをクリックします。 

サインste 3

SIGNステップ4

 

よくある質問

電子署名のために送られた文書について質問がある場合、誰に連絡すればよいですか?

OneSpan Signは、ユーザーに代わってメール通知を送信します。送信されたドキュメントについて質問がある場合は、電子署名要求についてメールを送信した人に連絡してください。

認証に失敗し、ドキュメントにアクセスして電子署名できません。私は何をしますか?

電子署名要求を送信した人に連絡して、認証を再開してください。

署名ボックスをクリックしてドキュメントに電子署名しましたが、電子署名セッションを完了できません。私は何をしますか?

これは、ドキュメントで入力されなかった他のフィールドが原因である可能性があります。すべてのフィールドに入力してドキュメントが完全に完了すると、電子署名セッションが完了します。

記録用に電子署名されたドキュメントのコピーをダウンロードできますか?

絶対に!電子署名セッションが完了すると、上部のタスクバーから電子署名されたドキュメントをダウンロードするオプションが表示されます。[すべてのファイルをダウンロード]ボタンをクリックできます。さらに、電子署名セッションが完了すると、電子署名されたドキュメントのコピーも電子メールで送信されます。

メールからドキュメントにアクセスしようとしています。[ドキュメントに移動]ボタンをクリックすると、リンクからドキュメントにアクセスして電子署名することができません。私は何をすべきか?

この問題の最も一般的な原因の1つは、メールのブロックです。使用しているメールサービスは、OneSpan Signのメール通知をスパムとして認識し、スパムまたはジャンクフォルダーにフィルター処理される場合があります。[ドキュメントに移動]リンクが無効になっている可能性があります。

OneSpan Signの電子メール通知がスパムではないことを示して、受信トレイに移動してください。[ドキュメントに移動]ボタンが機能するようになり、ドキュメントにアクセスして電子署名することができます。

ドキュメントの電子署名(ダッシュボードから)

OneSpan Signダッシュボードからすばやく簡単にドキュメントに電子署名する

ステップバイステップの説明

ステップバイステップの説明

1)最初に、ダッシュボードの[トランザクション]セクションから[署名が必要]を選択します。この例では、ポールは彼の署名を必要とする3つのトランザクションを持っています。

ESDステップ1

 

2)[トランザクション]画面から、署名が必要なトランザクションを選択します。

ESDステップ2

 

3)署名が必要なドキュメントが表示されます。時間をかけてドキュメントを確認してください。ドキュメントに署名する準備ができたら、署名ボックスをクリックするだけです。

ESDステップ3

 

4)ドキュメントへの署名が完了すると、[確認]ダイアログボックスが表示されます。「OK」をクリックして署名を確認します。

ESDステップ4

 

5)[署名が必要]ダイアログボックスが表示され、署名が必要なキュー内の次のトランザクションに署名するように求められます。「今すぐ署名」をクリックします。

ESDステップ5

 

ダッシュボードの概要

一元化されたダッシュボードからすべての着信および発信トランザクションを簡単に追跡

ステップバイステップの説明

ステップバイステップの説明

1)上部のナビゲーションバーの[ダッシュボード]タブからいつでもダッシュボードにアクセスできます。

DASHステップ1

 

2)ダッシュボードには、アカウントの概要、マイトランザクション、最近のトランザクションの3つのメインセクションがあり、すべて最新のトランザクションアクティビティデータでリアルタイムに更新されます。

DASHステップ2

 

3)[アカウントの概要]グラフには、過去30日間のすべてのトランザクションアクティビティの視覚的な内訳が表示されます。進行中、完了済み、ドラフトモード、キャンセルされたトランザクションの概要が表示されます。

DASHステップ3

 

4)円グラフをクリックすると、アカウントの概要レポートにアクセスできます。日付範囲を入力してトランザクションをフィルタリングし、トランザクションのステータスを自動的に表示できます。

DASHステップ4

 

5)[マイトランザクション]セクションには、過去30日間に作成したトランザクションが表示されます。これは、署名が必要なトランザクションと、進行中、完了、または間もなく期限切れになるトランザクションを追跡します。 署名が必要なドキュメントの場合、このメニューからすぐにトランザクションにアクセスして、署名プロセスに進むことができます。

DAShステップ5

 

6)過去10件のトランザクションのスナップショットのみを表示したい場合は、[最近のトランザクション]セクションの下部にあります。すべての取引を表示するには、[すべて表示]をクリックします。

DASHステップ6

 

よくある質問

特定のトランザクションに関連するエビデンスサマリレポートにはどこからアクセスできますか?

上部のナビゲーションメニューから[トランザクション]セクションに移動し、完了したトランザクションに移動して、トランザクションのエビデンスサマリをダウンロードします。エビデンスサマリオプションが表示されない場合は、OneSpan Signサポートチームに連絡して有効化してください。

ダッシュボードから、署名が必要なトランザクションに署名するにはどうすればよいですか?

右側の[マイトランザクション]セクションで[署名が必要]オプションを選択すると、署名が必要なトランザクションに署名できます。