ドキュメント・サイン・ソフトウェア

ドキュメント・サイン・ソフトウェアとは何ですか?

文書署名ソフトは、電子文書に電子署名を施すことができるアプリケーションです。 文書署名ソフトウェアの他の名称には、電子署名ツール、電子署名ソフトウェア、電子署名ソリューション、または電子署名アプリケーションがあります。

E-Signatureソフトウェアは、金融機関、政府機関、保険会社、医療機関など様々な組織で使用されています。 企業や中小企業は、既存の紙ベースのプロセスをデジタル化、自動化、合理化することで、文書に署名するプロセスをペーパーレス化することができます。 E-Signatureは、重要な文書の紙、印刷、ファックス、スキャンを必要としません。 ユーザーは、スタンドアロンの署名アプリを使ってデジタル文書にリアルタイムで署名することも、主要なビジネスプロセスやアプリケーションに統合することもできます。 E-Signatureは、契約上のミスや見落としを排除し、ウェットインクによる署名に比べて、より高いレベルの本人確認を可能にします。

OneSpan Sign(旧eSignLive)は、世界中で利用されている電子署名ソリューションで、契約書の締結やプロセスのデジタル化に利用されています。 DocuSign、HelloSign、PandaDocなどのベンダーの中で、OneSpan Signは規制された業界において明確なマーケットリーダーとして市場で認識されています。

ドキュメント・サイニング・ソフトウェア・プラットフォームを使って契約書に署名することは合法ですか?

はい、 世界では、文書の署名に電子署名を使用することを合法化し、規制するための法律が60カ国以上で制定されています。 一般的に、いくつかの例外を除いて、手書きのサインと同じ法的地位を持ち、法廷で認められることがあります。

電子署名に関する法律の代表的な例としては、以下のものがあります。

  • 米国:グローバル及びナショナル・コマースにおける電子署名法(ESIGN法)
  • 米国:Universal Electronic Transactions Act (UETA)
  • 欧州連合:eIDAS規則

許可されている電子署名の種類や、電子署名ソフトウェアソリューションおよびデジタル署名のその他の要件に関する具体的な内容は、国によって異なります。 eSign Legality Guideをご覧になり、あなたの国でのe-signatureツールの特定の要件についてご確認ください。

The Beginner's Guide to Electronic Signatures

The Beginner's Guide to Electronic Signatures

This essential briefing introduces important legal concepts and key considerations when creating digital business processes with e-signatures.

Download Now


OneSpan Signの電子署名を利用するメリットは?

オンボーディングプログラムの見直しや、1人のユーザーのためのPDF文書への署名など、署名プロセスや承認ワークフローに電子署名を活用する理由は数多くあります。

  • 優れたカスタマーエクスペリエンス: E-Signingは、iPhoneやiPadなどのMacのiOSデバイスやAndroidデバイスを含む、モバイルデバイス、タブレット、コンピュータ上で、クリックするだけで簡単にサインができます。 また、トラックパッドに指やスタイラスを使って手書きで署名をしたり、署名の画像をアップロードすることもできます。
  • OneSpan Signは、完全にサポートされたSDKとオープンAPIにより、お客様の主要なビジネスアプリケーションとの複雑な統合を可能にします
  • コンプライアンスの強化:OneSpan Signは、電子署名法が制定されている国において、簡易型電子署名、高度型電子署名、適格型電子署名の基準を満たしています。 さらに、OneSpan Signは、ISO/IEC 27001、ISO/IEC 27017、ISO/IEC 27018、SOC2 Type II、HIPAA、FedRAMPに準拠しています。
  • 強力なアイデンティティ保証:幅広いアイデンティティ検証および認証オプションを利用して、署名者が本人であることを保証します。
  • 高度なセキュリティ:デジタル署名による暗号化で、ユーザーや電子文書を不正から守ります。
  • 署名プロセスの効率化:再利用可能なテンプレート、一括送信、ワークフローの自動化、文書管理、文書追跡を活用し、ワークフロールールを適用することで、デジタルプロセスを効率化し、署名漏れなどの署名文書のエラーをなくすことができます。
  • コネクタエコシステム:Salesforce、Pega、Guidewire、Laserficheなど、日常的に使用しているアプリケーションとのコネクタがあらかじめ用意されており、署名ワークフローをさらに強化できます。  
  • 使いやすさ:直感的なユーザーインターフェースとドキュメントビルダーを備え、署名欄をドラッグ&ドロップするだけで、すぐに電子文書を作成することができます。

OneSpan Signのプランと価格

OneSpan Signでは、お客様のニーズに合わせて、2つのフレキシブルな料金プランをご用意しています。

  • プロフェッショナルプラン:すぐにサインを開始したい企業に最適なプランです。SaaS版のOneSpan Signやスタンドアロン型のモバイルアプリを利用でき、ユーザーは無制限の文書を送信したり、サインをしたり、OneSpan Signの全機能を利用できます。
  • Enterprise Plan:Enterprise Planは、OneSpan Signを基幹業務アプリケーションに統合することを目指す企業向けのプランです。 OneSpan Signを使用してカスタムブランディングを行うことで、シームレスなユーザーエクスペリエンスとエンドツーエンドのデジタルプロセスを実現します。

E-Signに関する質問にお答えします。

OneSpan Signのユーザーフレンドリーな電子署名プラットフォームは、文書のワークフローを合理化し、契約管理の手間を省き、文書の共有や署名依頼の送信を支援します。