OneSpan Sign 電子署名

電子署名でワークフローを自動化し、顧客満足度の向上、コンプライアンスの強化、紙ベースのプロセスに関わるコストの削減を実現

世界の大手企業からの信頼を得ています

Country Financial logo
Generali

OneSpan 電子署名のメリット

Superior Experience

優れた署名エクスペリエンス

自社ブランドを前面に押し出すことで、署名エクスペリエンスを最適化し、より高い完了率を達成することができます。 オンライン、 モバイル、コールセンター、支店、 バーチャルチャネルなど、いつでもどこでも契約書への署名が可能になります。

Easy to Integrate

強力なアイデンティティ保証

OneSpan Signでは、ドキュメントへのアクセスを許可する前に、署名者が本人であることを確認するための幅広い種類の 本人確認・認証 サービスがご利用いただけます。 OneSpan Signは、信頼できる機関やパートナーが発行する証明書ベースのIDにも対応しています。

Easy to Integrate

容易に統合可能 

当社のオープンAPIと完全サポートのSDKを用いて、電子署名とワークフロー機能をお客様のアプリやWebサイトに迅速に統合します。 無料の開発者アカウント を利用すると、数分で統合を開始することができます。

Advanced Security

高度なセキュリティ

 デジタル署名 の暗号化により、ユーザーや電子文書を不正から守ります。 また、当社のソリューションは、世界で最も厳格なクラウドセキュリティ標準を満たしており、サードパーティの監査人による検証を受けています。

Security, Compliance & Audit

コンプライアンスの強化

ワンクリック検証と、市場で最も包括的な監査証跡により、署名済みドキュメントの有効性を検証します。 OneSpan Signは、電子署名法を制定している国における標準・高度・ 適格という電子署名 の要件を満たすように設計されています。

Process Efficiency

プロセスの効率化 

トランザクションの完全なデジタル化、契約書にテンプレートを使用、ワークフロールールの適用などを行うことで、プロセスを合理化し、署名やデータの欠落などのドキュメントエラーに伴うリスクを排除します。

電子署名

電子署名の初心者向けガイド

この電子署名に関する包括的な初心者向けガイドでは、電子署名を活用してビジネスプロセスのデジタル化を構築する際の重要な法律上の概念や主要な検討事項を31ページにわたって紹介しています。  

今すぐダウンロード

OneSpan Sign 電子署名の活用方法

あらゆるビジネスニーズをサポートする電子署名ソリューション

OneSpan Signが使いやすさと最高レベルのセキュリティやコンプライアンスを両立させながらリスクのない電子署名ソリューションを提供し、オンボーディング、シンプルな社内文書や企業間文書への署名ニーズ、最も複雑な消費者向けの取引などのプロセスを自動化している方法をご覧ください。

容易に統合可能

電子署名をWebサイト、モバイルアプリ、基幹システムに容易に統合可能

OneSpan SignのオープンREST APIとSDKを用いて、お客様のビジネスプロセスやアプリケーションに電子署名機能を組み込みます。 当社のAPIやSDKには、共通プログラミング言語のサポート、充実したドキュメント、サンプルコードなど、迅速な開発や導入を確実に行うために必要なものをすべて揃えています。

優れた署名エクスペリエンス

ブランドをアピールしながら、いつでもどこでも署名ができる

署名プロセスのあらゆるコンタクトポイントや重要なドキュメントで、自社のブランドを前面に押し出すことができます。 UI、ポップアップ、電子メール通知などのカスタマイズが可能で、信頼性の高い署名エクスペリエンスを実現し、非常に高い顧客の採用率と完了率を達成することができます。 また、オンラインやモバイル、 バーチャルチャネルにも最適化しており、顧客はいつでもどこでも、どんなデバイスからでも電子署名が可能になります。

強力なアイデンティティ保証

重要なドキュメントへのアクセスを許可する前に、署名者が本人であることを確認

電子署名が必要な取引において、正しい相手と取引しているかどうか、どれだけ確信がありますか? OneSpan Signは、署名者が組織にとって既知か未知かに関わらず、強力なアイデンティティ保証をリアルタイムで提供しています。 政府発行の身分証明書による本人確認、生体認証、SMSによるワンタイムパスコード(OTP)、共有の秘密、知識ベース認証(KBA)、証明書ベースのIDなど、顧客はユースケースに合った検証・認証方法を選択することができます。

BDCの電子署名成功事例

商業融資向けのモバイル電子署名

BDCが電子署名をモバイルアプリと統合し、起業家が15分以内に融資を受けられるようにした方法をご紹介します。



 

デジタル融資の課題:申込者が遠隔地にいる場合、どのようにして顧客確認を行うのか?

金融機関は、急速に変化する融資の状況に直面しています。借り手にサービスを提供するためには、今やデジタルトランスフォーメーションは必須です。

への顧客確認は、より困難になります。

この動画では、OneSpanソリューションエンジニアリング担当ディレクターのConor Hickeyが、本人確認書類の読み取りや顔認証などのデジタル本人確認を活用して、遠隔地にいるお客様の本人確認をオンラインで行う方法についてご説明します。 
 

高度なセキュリティとコンプライアンス

法令に準拠した安全な電子署名

署名後に デジタル署名 と改ざん防止シールを付与することで、ドキュメントの安全性と完全性を実現しています。 また、当社のソリューションは、標準・高度・ 適格(QES)という電子署名 の3種類すべての要件を満たすように設計されています。 さらに、市場で最も包括的な監査証跡を提供することで、コンプライアンスを容易に証明し、法的紛争を回避することができます。

OneSpan Signは、最先端のインフラサービスをベースに構築されています。ISO/IEC 27001、ISO/IEC 27017、ISO/IEC 27018、SOC2 Type II、HIPAA、FedRAMPなどの厳格な要件や クラウドセキュリティ標準 に準拠しているため、お客様のドキュメントを安全かつ確実に保管します。
 

実績あるソリューション/エクスペリエンス

25年以上の業界トップクラスの実績を誇る電子署名プロバイダー

電子署名業界のパイオニアとして、OneSpan Signは、規制の厳しい市場における複雑な署名ワークフローの自動化について幅広い知識を有しています。 25年以上の業界トップクラスの実績で、世界的に有名なブランドのホワイトラベルソリューションとして採用されています。 深い専門知識を持ったソリューションコンサルタント、テクニカルサポート、製品エキスパートがチームを組んでお客様の成功に向けて全力で取り組んでいます。

サードパーティ統合/パートナー

日常的に使用しているビジネスアプリケーション対応のビルド済み電子署名コネクタを多数ご用意

Salesforce、Pegasystems、Laserfiche、Guidewire、Box、Microsoft SharePoint、Dynamics 365などのサードパーティのアプリケーションに対応したビルド済みのコネクタを多数ご用意しています。 コネクタを使用して、お客様に代わってすべての統合作業を行います。コーディングやITリソースを必要とせず、お客様が日常的に使用しているビジネスアプリケーション内でデジタル署名を実現します。

OneSpan Sign 電子署名に関するよくあるご質問

電子署名とは何ですか?

電子署名は、手書き署名と同じ機能をデジタル媒体で実現するものです。 一般に受け入れられている電子署名の定義は、「契約書やその他の記録に添付または関連付けられ、記録に署名するという意図のある個人が採用している電子的に作成された音、記号、またはプロセス」です。 どちらの形式の署名も、署名者の意図を永続的に記録するものであり、通常は署名した文書の条件を遵守する意図を表しています。

OneSpan Signの電子署名は法的に拘束力がありますか?

はい、電子署名法が制定されている国では、電子署名は法的な拘束力や強制力があります。

当社のソリューションを活用して作成された電子署名は、 米国の電子署名法(ESIGN Act) と統一電子取引法(UETA)の両方に準拠しています。 また、OneSpan Signの電子署名は、欧州の eIDAS規則(規則 No 910/2014) にも準拠しています。 他の国でも同様の法律が制定されています。 詳細については、 電子署名の適法性ガイド をご覧ください。

OneSpan Signの電子署名は安全ですか?

はい、 セキュリティは常にOneSpanの最優先事項です。

 

OneSpan Signは、セキュリティとデータ保護のために、規制、業界、ITなどのさまざまな標準に準拠しています。 また、ISO/IEC 27001、ISO/IEC 27017、ISO/IEC 27018、SOC2 Type2、FedRAMP、HIPAA、Skyhigh Enterprise-Ready、GDPRなどが定めるコンプライアンス基準も満たしています。 詳細については、the OneSpan Signトラストセンター をご覧ください。

電子署名とデジタル署名の違いは何ですか?

電子署名とデジタル署名は、関連する概念ですが異なるものです。 電子署名は、法律上の概念です。 合意や契約に法的に拘束されるという個人の意図を捉えています。

 

一方、 a デジタル署名 は、電子署名に含まれている暗号化・復号化の技術を指します。 公開鍵暗号方式を採用し、署名を付与したドキュメントの安全性を確保するとともに、署名を付与した記録の真正性も検証することができます。

 

つまり、a デジタル署名 はドキュメントに署名するという個人の意図を捉えていませんが、 電子署名のアプリケーションで活用されることで、デジタル署名の技術により電子署名を付与したデータの安全性を確保します。

電子署名はどのように活用されているのですか?

  • オンボーディングとアカウント開設
    どこからでも顧客のオンボーディングができます。 リモートでのオンボーディングや契約プロセスの必要性は、競争上の優位性からビジネス上の必要性へと成長しています。
  • 消費者向けローン・商業融資
    ローン契約や融資取引において電子署名が最も一般的な分野は、消費者向けローン、中小企業向け融資、および個人向け融資です。 電子署名、電子フォームおよびデジタルプロセスは、オンライン、コールセンター、支店などで使用され、契約プロセスを迅速化しています。
  • ウェルス・マネジメント
    複数回のミーティングや頻繁な書類のミスを伴うウェルス・マネジメントの長い販売プロセスが、電子署名の導入により短縮できます。
  • 住宅ローン
    住宅ローンや借り換えが利便性とスピードを高めるためにオンライン化されるケースが増えていますが、電子署名は顧客の自宅でデジタル体験ができ、利便性、安全性、およびコンプライアンスも実現できる理想的なソリューションです。

上記のユースケースに加えて、あらゆる業種の企業が、OneSpan Signの電子署名のセキュリティ、効率性、顧客満足度の向上などに価値を見出しています。

  • 商業銀行業務・財務管理
  • 一般的な電子契約
  • 調達・購買
  • 契約変更
  • 連邦税申告
  • サービス契約
  • クレーム・鑑定
  • 納品依頼
  • 秘密保持契約 (NDA)

電子署名を作成するにはどうすればよいですか?

電子署名は、OneSpan Signで簡単に作成できます。 クリック、入力、手書きなどの操作で、指定位置に署名します。 アカウントの所有者は、再利用可能な手書きの署名を作成しアカウントのプロフィールに保存できます。 OneSpan Signは、デジタル署名の技術を用いて安全な電子署名を作成しています。 また、ユーザーのシステム、政府機関のスマートカード(CACやPIVカード、各国のeIDなど)、および、ハードウェアトークンに格納されたデジタル証明書をサポートし、ユーザーの本人確認を行います。

ドキュメントに電子署名してもらうにはどうすればよいですか?

ドキュメントを送信するには、Webブラウザと OneSpan Signプロフェッショナルプランへのサブスクリプション契約が必要です。 ドキュメントのアップロード、受信者の追加、署名ブロックとフィールドの選択、署名者の認証方法の選択を行った後に、「署名用に送信」をクリックすると、署名用にドキュメントが配布されます。 受信者は、署名用の招待メールを受け取ります。

ドキュメントに電子署名するにはどうすればよいですか?

OneSpan Signで素早く簡単にドキュメントに電子署名できます。

  1. 署名者は、署名依頼のメールを受け取ります。 メールにあるリンクをクリックすると、署名するドキュメントにアクセスできます。
  2. 署名が必要なドキュメントが表示されます。
  3. 署名欄をクリックして、電子署名を行います。 ドキュメントへの署名が完了した後に、「確認」ボタンをクリックします。

OneSpan Signで受信者が電子署名するにはどうすればよいですか?

OneSpan Signでの電子署名は簡単です。 受信者は常に無料で署名でき、OneSpan Signで署名するためのリンクが記載されたメールを受け取るだけです。 お使いのデバイスのブラウザを介して電子署名のプロセスにアクセスできます。

OneSpan Signは、モバイルデバイスから電子署名できますか?

OneSpan Signモバイルアプリを使用すると、外出先でお使いの iOS や Android デバイスから安全にドキュメントの準備・送信・署名が可能となります。 堅牢な電子署名機能を搭載しており、 プロフェッショナル および エンタープライズ プラン では追加料金なしでご利用いただけます。 今すぐアプリをダウンロードしてください。

 

さらに、OneSpan Signでは、いつでもどこでも、あらゆるWeb対応のデバイスで電子署名できます。

OneSpan Signの電子署名でサポートしているドキュメントの形式は何ですか?

OneSpan Signの電子署名では次のドキュメントの形式をサポートしています。
 

  • PDF / Adobe PDF (.pdf)
  • Microsoft Word (.doc, .docx)
  • Open Document テキスト(.odt)
  • Microsoft Excel (.xls, .xlsx)
  • Microsoft Powerpoint (.ppt, .pptx)
  • Windowsアプリケーションから印刷できるドキュメントもサポートしています。
Left hand holding a tablet displaying a table of information while the right hand swipes

導入準備チェックリスト:電子署名の使用を開始するには

電子署名を導入するためのさまざまな実装オプションと主な技術的要件をご紹介します。

詳細を見る

OneSpan Signの電子署名を始めましょう

 

Put us to the test, and see how you can start saving time and money today.​

本サイトの情報は、情報提供のみを目的としており、法律上の助言を構成するものではありません。 独立した専門家による助言をお求めください。 これらの資料の内容について、OneSpanは一切の責任を負いません。