VASCOが2017年の第3四半期と最初の9か月の結果を報告

2017年10月26日
-第3四半期の総収益は5110万ドル
-第3四半期のGAAP営業利益は510万ドル
-第3四半期のGAAP 1株あたり利益は0.07ドル
-第3四半期の1株あたりの非GAAP利益は0.14ドル 1

OAKBROOK TERRACE、IL、ZURICH、2017年10月26日-アイデンティティ、セキュリティ、ビジネス生産性を含むデジタルソリューションのグローバルリーダーであるVASCO Data Security International、Inc.(NASDAQ:VDSI)は本日、第3四半期と9か月の財務結果を報告しました2017年9月30日に終了しました。

「VASCO ® VASCOのCEO、スコットクレメンツは次のように述べています。「非ハードウェア製品の記録的な収益は、営業利益の増加に貢献しました。私たちは、銀行と企業の顧客の業務を保護するソフトウェアとサービスの成長を推進しながら、ハードウェアビジネスを維持するという戦略を実行しています。」

2017年第3四半期の収益は、2016年第3四半期の4360万ドルから17%増加して5110万ドルになり、2017年の最初の9か月間は、2016年の最初の9か月の1億4470万ドルから4%減少して1億3880万ドルになりました。

2017年第3四半期の純利益は、完全希薄化後1株あたり280万ドルまたは0.07ドルで、2016年第3四半期の50万ドルまたは完全希薄化後1株あたり0.01ドルから230万ドル増加しました。2017年の最初の9か月の純利益は、2016年の比較期間において、希薄株1株あたり340万ドルまたは0.09ドルで、550万ドルまたは希薄株1株あたり0.14ドルから210万ドル減少しました。

2017年第3四半期の営業利益は510万ドルで、2016年第3四半期の90万ドルから420万ドル増加しました。2017年の最初の9か月の営業利益は500万ドルで、2016年の最初の9か月の740万ドルから240万ドル減少しました。2017年の第3四半期と最初の9か月の売上に対するパーセンテージとしての営業利益は、2016年の同じ期間の2%と5%に対して、それぞれ10%と4%でした。

非GAAP純利益 1 、2017年第3四半期の長期インセンティブ補償と無形資産の償却の両方を除外すると、第3四半期の350万ドルまたは完全希薄株1株あたり0.09ドルから200万ドル増加しました。2016年の。2017年の最初の9か月間の長期インセンティブ報酬と無形資産の償却の両方を除外した非GAAP純利益は、完全希薄化後1株あたり1,130万ドルまたは0.28ドルで、1,520万ドルまたは完全希薄化あたり0.38ドルから390万ドル減少しました。シェア、2016年の最初の9か月間。

1 非GAAP指標の使用に関する説明は、「非GAAP金融指標」の見出しの下に含まれています。GAAPから非GAAP財務指標への調整も以下の表に示されています。

その他の財務ハイライト

  • 2017年第3四半期の売上総利益は3660万ドル、つまり収益の72%、2017年の最初の9か月間は9860万ドル、つまり収益の71%でした。2016年第3四半期の売上総利益は30.1百万ドル、つまり収益の69%、2016年の最初の9か月間は98.7百万ドル、つまり収益の68%でした。

  • 2017年の第3四半期と最初の9か月の営業費用は、それぞれ3150万ドルと9360万ドルで、2016年の第3四半期と最初の9か月のそれぞれ29.1百万ドルと9130万ドルから8%と3%増加しました。

  • 利息、税金、減価償却費(EBITDA)前の利益 1 2017年の第3四半期と最初の9か月は、それぞれ760万ドルと1330万ドルで、2016年第3四半期の370万ドルから105%増加し、最初の9か月の1610万ドルから17%減少しました。2016。

  • 2017年9月30日時点の現金、現金同等物、および短期投資は、それぞれ2017年6月30日および2016年12月31日時点のそれぞれ1億5,620万ドルおよび1億4,420万ドルに対し、1億5,870万ドルでした。

運用およびその他のハイライト

  • 7桁の永久eSignLiveを記録しました TM 北米の大手銀行からの取引。銀行は社内の電子署名ソリューションを使用して、2,000の支店でのすべての署名を自動化しています。

  • また、北米の大手銀行から7桁のeSignLive SaaS取引を獲得しました。この銀行は、自社のソリューションをすべてのビジネスラインにわたってクラウドで使用します。

  • 当社のメンテナンス収益は、更新率の向上に焦点を当てた専任チームの実装により、力強い成長を記録しました。

  • 開発者がVASCOログインおよびトランザクション署名機能をモバイルアプリケーションと統合してテストできるようにするVASCO適応認証サービスサンドボックスがリリースされました。

2017年通期のガイダンス

VASCOは、2017年通年のガイダンスを次のように増やしています。

  • 収益は、以前のガイダンスである1億8,000万ドルから1億9000万ドルに対して、1億8500万ドルから1億9千万ドルになると予想しています。

  • 購入した無形資産の償却を除いた収益のパーセンテージとしての営業利益は、以前のガイダンスである1%から5%から、6%から9%の範囲になると予測されています。

電話会議の詳細

この発表に関連して、VASCO Data Security International、Inc.は本日、2017年10月26日午後4時30分に電話会議を開催します。EDT / 22:30 CEST。電話会議中に、CEO兼社長であるスコットクレメンツ氏とCFOのマークホイト氏が、2017年の第3四半期と最初の9か月間のVASCOの結果について話し合います。

この電話会議に参加するには、次のいずれかの番号をダイヤルしてください。

米国/カナダ:800-952-4629
国際:+ 1 212-231-2920

電話会議は、リッスン専用モードでも利用できます。 ir.vasco.com 。記録された電話会議のバージョンは、通話後できるだけ早くVASCO Webサイトで利用可能になり、少なくとも60日間は再生できます。

VASCOについて

VASCOは、デジタル市場に信頼とビジネス生産性ソリューションを提供する世界的なリーダーです。VASCOは、金融、企業、政府、ヘルスケア、その他のセグメントで100か国の10,000を超える顧客がデジタルアジェンダを達成し、顧客体験を強化し、規制要件を満たすことができる次世代テクノロジーを開発しています。世界のトップ100銀行の半数以上がVASCOソリューションを利用して、オンライン、モバイル、ATMチャネルを保護しています。VASCOのソリューションを組み合わせて、アイデンティティ、詐欺防止、電子署名とトランザクション署名、モバイルアプリケーション保護、リスク分析を組み込むことにより、ビジネスに力を与える強力な信頼プラットフォームを形成します。VASCOの詳細については、 VASCO.com そしてツイッターそして LinkedIn

将来予測に関する記述

このプレスリリースには、1934年の証券取引法のセクション21Eおよび1933年の証券法のセクション27Aの意味における将来の見通しに関する記述が含まれています。これらの将来見通しに関する記述(1)は、「期待する」、「信じる」、「意志」、「期待する」、「新興」、「意図する」、「計画」、「可能性」、「可能性がある」、「見積もる」、「すべき」、「目的」、「目標」、「可能性がある」、「可能性がある」、「プロジェクト」、および類似の単語や表現、および(2)リスクと不確実性の影響を受け、将来のイベントに関する現在の期待または信念を表します。VASCOは、将来の見通しに関する記述は、実際の結果が将来の見通しに関する記述と大幅に異なる可能性のある重要な要因によって限定されることを警告しています。これらのリスク、不確実性およびその他の要因は、2016年12月31日に終了した年度のフォーム10 Kの年次報告書に記載されており、これらに限定されません。(a)通貨の変動や不確実性を含む一般的な市場条件のリスク世界の経済および金融市場の混乱の結果、(b)急速に変化するテクノロジー、進化する業界標準、ますます高度なハッキングの試み、増加する特許侵害の申し立て、顧客要件の変化、価格など、コンピューターおよびネットワークセキュリティ業界に固有のリスク競争入札、政府規制の変更、および(c)製品およびサービスの需要、より確立された企業などとの競争、価格レベルへの圧力、比較的少数の製品、特定のサプライヤーおよび特定の製品への歴史的依存など、VASCOに固有のリスク主要顧客。これらのリスク、不確実性、その他の要素には、VASCOがeSignLiveをVASCOのグローバルビジネスに成功裏に統合する能力、および統合に関連して費やされた時間と費用が含まれます。この買収の結果としてVASCOが予測する収益の相乗効果、コスト削減、その他の経済的利益が完全に実現されない、または予想よりも実現に時間がかかるリスク。したがって、私たちが実際に達成する結果は、これらのステートメントに含まれている、または暗示されている予想される結果とは大きく異なる場合があります。米国が要求する重要な情報を開示する継続的な義務を除く 連邦証券法では、将来の出来事や状況を反映したり、予期しない出来事の発生を反映したりするために、将来の見通しに関する記述の改訂を公に発表する義務や意図はありません。

q3画像1

q3画像2

非GAAP財務指標

会社はGAAPに従って財務結果を報告しますが、会社の経営陣は、特定の非GAAP営業指標、つまりEBITDA、非GAAP純利益、非GAAP希薄化EPSを使用して業績を評価します。当社の経営陣は、これらの措置が当社の事業のパフォーマンスに関する有用な補足情報を提供し、当社の過去の業績との比較を容易にすると信じています。また、これらの非GAAP営業指標は、投資家が業界内の他の企業とビジネスを比較するために使用できる追加のツールを提供すると考えています。これらの非GAAP指標はGAAPに基づくパフォーマンスの指標ではなく、GAAPに従って計算された最も直接比較可能な財務指標の代替または代替として、単独で検討することはできません。これらの非GAAP指標は以下で説明するコンテキスト内では有用であると考えていますが、実際には不完全であり、当社の完全なパフォーマンスまたは見通しを評価するために使用する必要のある指標ではありません。このような評価では、過去のアクションが現在の結果にどのように影響しているか、それらが将来の結果にどのように影響するか、ビジネスへの融資にどのように選択したか、税金がどのように影響しているかなど、ビジネスに関連するすべての複雑さを考慮する必要があります。投資収益として株主が利用できる、または利用できる最終金額。非GAAP指標と最も直接的に比較可能なGAAP財務指標との調整は以下のとおりです。

EBITDA

EBITDAは、利息、税金、減価償却、および償却前の純利益として定義されます。EBITDAは、投資家やアナリストへのパフォーマンスの伝達や、業界内の他の企業との比較に使用するためのパフォーマンスの簡略化された尺度として使用します。パフォーマンス指標として、EBITDAは、お客様へのサービス提供に最も密接に関連している当社の業績の見方を示すと考えています。金利、税金、減価償却費を除外することにより、ほとんどの場合、お客様の要件を満たすことに直接関係せず、以前の期間に行われた決定(たとえば、減価償却費)を考慮せずにパフォーマンスを評価できます。ビジネスの構造や資金調達(利息など)に対処したり、経営陣の管理外にある規制(税など)の適用を反映したりする。同様に、競合他社の結果に対するそれらの項目の影響を考慮しない場合、競合他社の結果との比較が容易になることがわかります。

Q3 ebitda

非GAAP純利益と非GAAP希薄化後EPS

非GAAP純利益および非GAAP希薄化後EPSは、長期インセンティブ報酬費用および購入した無形資産の償却を考慮する前の純利益またはEPSと定義します。これらの指標を使用して、期間間の結果の比較や競合他社との比較に大きな影響を与える可能性のある項目を除いて、パフォーマンスの影響を評価します。

経営陣などに対する長期的なインセンティブの報酬はパフォーマンスに直接結びついており、この指標により、経営者は、そのようなインセンティブがその期間のパフォーマンスに基づいている場合、ビジネスオペレーションのパフォーマンスに対するインセンティブのコストの関係を直接確認できます。そのようなインセンティブが数年にわたるパフォーマンスに基づいている限り、その期間の見越し額に大幅な調整があり、より長い期間に関連し、評価を困難にする可能性のある期間が存在する可能性があります。当期の経営成績 さらに、当社の長期的インセンティブは一般に制限付き株式付与または現金報奨の使用を反映していますが、他の会社は異なる形でコストが決定される異なる形式のインセンティブを使用しているため、比較が困難です。

また、購入した無形資産の償却は除外します。これは、特定の期間におけるかかる費用の額は、事業活動のパフォーマンスに直接相関しない可能性があり、かかる費用は、新規取得の結果として期間ごとに大幅に異なる可能性があるためです。以前に取得した無形資産の償却、または減損イベントによるそのような資産の評価減。ただし、購入した無形資産は現在および将来の収益に寄与し、関連する償却費は期限切れになるかまたは書き留められるまで将来の期間に繰り返されます。最後に、上記の調整に基づいて税調整を行い、非GAAPベースの実効税率をもたらします。これは、GAAP税率とは異なる場合があります。調整に使用する実効税率は、グローバルな事業構造における当社の全体的な税率の合理的な見積もりであると考えています。

q3 eps

* =調整の税効果は、すべての期間の調整の20%で計算されます

著作権 © 2017 VASCO Data Security、Inc.、VASCO Data Security International GmbH。全著作権所有。VASCO ® 、DIGIPASS ® 、CRONTO ® 、およびeSignLive™は、VASCO Data Security、Inc.および/またはVASCO Data Security International GmbH、または米国のSilanis Technology Inc.の登録商標または未登録商標です。そして他の国。

詳細についてはお問い合わせください:
Joe Maxa
+1 612-247-8592
joe.maxa @onespan .com