電子署名が組み込まれた単一プラットフォーム経由で、複数のデジタル本人確認手段を利用

multiple verification methods gray

身分証明書確認

不正行為を防止

身分証明書の確認を行い、顧客の利用登録開始時の不正を防止します。 

画像キャプチャ

高品質な画像を取得することが、正確な確認には必要不可欠です。ユーザーはリアルタイムのガイダンスに従って、デバイスに搭載されたカメラで身分証明書の画像を撮影して取得します。

本人確認書類の種類を確認

OneSpan V-Hubは、撮影した本人確認書類の種類を自動識別できます。(例: 米国のパスポート、スペインのIDカード、英国の運転免許証など) この機能によって、正しい身分証が使用されていることを確認します。 

書類のチェック

人工知能(AI)や真贋判定アルゴリズムで画像を分析し、身分証画像が真正であるか不正であるかを判定します。 

データ抽出

OneSpan V-Hubは取得した書類ごとに、日付、身分証番号、画像、住所、文字など、データポイントを抽出することができます。このようなデータポイントは保存され、必要に応じてクライアントに提供されます。

データ比較

本ソリューションで利用しているロジックは設定変更が可能で、抽出された本人確認書類のデータを、顧客が以前に撮影したメタデータと比較し、顧客が申告通りの本人であることを証明します。マッチングのロジックは、顧客層に基づくスコアカードを用いて、クライアント指定のニーズに合わせることができます。これによりソリューションに最適なアルゴリズムが保証されます。 

leverage ai

顔の比較を用いる生体認証

不正行為防止

V-Hub経由で生体の確認と認証を利用でき、ユーザーが申告通りの本人であることを確かめます。

画像キャプチャ

ユーザーはのデバイスに搭載されたカメラを使ってセルフィー(自撮り)を撮影します。高度なアルゴリズムで画像から生体情報データを抽出し、真正確認済の本人確認書類の画像データと比較して、ユーザーが本人であるか否かを判定します。 

顧客のプレゼンス(存在)検知

取得された画像や「セルフィー」を顔の比較に使用する前に、生体検知機能を利用して、人物が実際に存在し、また静止画像が不正に使われていないことを証明します。

能動的な生体検知

能動的な生体検知は、まばたき、会話、頭を動かす動作といった、顧客が主体的に行うアクションを実行させます。

受動的な生体検知

受動的な生体検知は画像分析アルゴリズムによって実現され、グレア(輝度)や鮮明さなど、取得された画像の要素をチェックします。能動的な手法と受動的な手法を合わせて用いることで、セルフィーを撮影した人物が生体として実在することを証明します。 

データプライバシー

プロセスの中で、個人データ画像が保存されることはありません。 

DevSecOps gray

ワークフロー、デザインとUX

ビジュアルワークフローデザイナー

ビジュアルワークフローデザイナーなら、エンドツーエンドの金融契約手続きのワークフローを、視覚的に細かく、しかも簡単にマッピングできます。ドラッグ・アンド・ドロップ操作可能なインターフェイスや、予め定義されたアクションで、高度な本人確認や署名ワークフローの構築を簡単にします。

ホワイトラベル

電子的な本人確認と生体認証の手続きを完全にホワイトラベル化し、ブランド名が申込者に分かりやすいよう、前面や中央に配置できます。きちんとブランドが反映されたトランザクションで顧客の信用を高め、最高の普及率を保証します。 

最適化されたモバイルUX

スマートフォンやタブレットといった小型デバイスに最適な、順序だった本人確認プロセスを提供します。モバイルデバイス上での本人確認書類の取り込みから生体情報の検証まで、申し込みをするユーザーが手続き全体をシームレスに移動できるよう、分かりやすい手順と指示でサポートします。 

Auditing Gray

監査証跡

顧客の識別

監査証跡には、顧客が行った本人確認とその結果の詳細が記録されます。また、実施された確認の詳細を合わせたJSONフォーマットの要求/応答が含まれます。 

トランザクションイベントタイムライン

タイムスタンプが記録されたイベントの全タイムラインを取得できます。顧客がアクションを実行するたび、あるいはページがロードされるたびに、全イベントが監査証跡に記録されます。 

ワークフローページ

デジタル本人確認の手続き中に顧客が見たページのコピーを記録します。顧客がどのような操作を行い、何を目視確認したのかを正確に明確化するため、イベントのタイムラインとともにウェブページを再生することが可能です。 

電子署名との統合

本人確認の監査証跡は電子的に署名された契約書に組み込まれ、コンプライアンスを証明します。