ウェブキャスト

ESIGNを超えて–電子署名とトランザクションの証拠に関する考慮事項

このリソースは英語でのみ利用可能です

長さ : 60分

プレゼンター:

  • Pat Hatfield、パートナー、Locke Lord LLP
  • Greg Casamento、パートナー、Locke Lord LLP
  • Michael Laurie氏、OneSpan戦略開発担当副社長兼共同創設者 

およそ20年前に制定された米国連邦ESIGN法は、電子署名にウェットインク署名と同じ法的重要性を与えます。ただし、電子署名には特別なステータスはありませんでした。電子取引を含む法的紛争が発生した場合、紙の世界と同じ証拠規則と契約原則が適用されます。

規制当局による監査、市場行動試験、和解会議、または訴訟の場合、説得力のある証拠を作成するには、本物の電子署名された記録を提示するだけでは不十分です。また、署名者の意図を確立するために使用されるプロセスを示す必要があります。最近の裁判では、電子取引の包括的な証拠に裏打ちされた、適切に設計されたプロセスの重要性が強調されています。

この記録されたWebキャストでは、米国のトップeコマース法の専門家であるPat Hatfield、パートナー、Locke Lord、およびGreg Casamento、パートナー、Locke Lordが、業界のベテラン、Michael Laurie、副社長、Silanis Technology(現OneSpan)とチームを組んでいます。)、電子記録と署名に関する実際的な証拠上の考慮事項について話し合う。60分のウェブキャスト機能:

  • 法律、規制、判例法の更新
  • 電子商取引の防御の課題
  • ケースに電子証拠を提示する方法
  • 電子署名証拠のベストプラクティスチェックリスト
  • 「ベストプラクティス」の電子署名監査証跡とプロセスの証拠のデモ

特に金融サービス会社の法務顧問は、電子署名に関する実践的なアドバイスを聞くこのユニークな機会から恩恵を受けるでしょう。これは、顧客体験の向上とリスクの低減に取り組む組織のための戦略的テクノロジーです。